身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

股関節サポーターで固定して歩く事で負担が少なくなる

歩行時に生じる痛みから股関節を守るサポーター

目次


1. 仕事や日常生活にも支障を来してしまう足腰の痛み

目次 次の項目

 

足腰の痛みと言うのは仕事は勿論、日常生活にも大きな支障を来します。

 

 

肉体を動かす作業も 椅子に座りながら行うデスクワークでもツラい痛みを

感じながら日々を過ごさざるを得ません。

 

 

足も腰も歩く度に関節に負担が乗っかり、ダメージが蓄積してしまいます。

 

 

慢性的な腰痛で日常的にツラい時は腰の筋肉を緩める/姿勢・温め

 

 

日々の疲弊により、歩行時に関節にガッツリと痛み・負担が掛かってしまう

 

その上で股関節まで痛めてしまうと1歩1歩 脚を踏み出す度に足底から足首、

膝からの衝撃が股関節に行き渡り衝撃を緩和できずに、そのまま鋭い痛みが

 

腰に届いて1歩1歩の歩行が身体に とって大きな負担に なってしまいます。

 

 

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

 

 

2. 股関節が痛むと1歩1歩の歩みの度に苦痛を感じる

前の項目 目次 次の項目

 

各関節部位が そこまで痛んでしまうと杖を使ったり、腰痛サポーター・膝関節

サポーター・足首サポーターなどで足や腰の各部位をガッチリ補助して、

 

毎日過ごさなければならなく なってしまいます。

 

 

しかし、これらの補助アイテムを しっかり装着していても、股関節の痛みに

対しては まだ万全では ありません。

 

 

これらとは別に股関節サポーターで しっかり固定しない事には歩く度に股関節の

痛みに悩まされる事に なってしまいます。

 

 

股関節サポーターで歩行時のツラさ対策/坐骨神経痛・脊柱管狭窄症

 

 

1歩1歩脚を踏み出す度に激しい痛みに襲われる股関節痛

 

本来、身体は頭が重い構造に なっており、その重い頭部から来る重力は緩やかな

S字カーブを描く背骨を伝って骨盤・仙骨〜股関節へ、そして両方の脚へと上手く

 

重力や衝撃が分散される仕組みに なっているのですが、足や腰・股関節の各部位に

痛みを抱えてしまい本来の滑らかな連動が速やかに行われない場合、どうしても

 

 

背骨から伝って来る重力や衝撃を各関節部位が1回1回受け止めてしまい、1歩足を

踏み出すごとに鋭い、あるいは鈍い痛みが襲って来るので、各関節部位を補助し

 

支える関節サポーターの存在と言う物が非常に大切に なるのです。

 

 

3. 関節部位を支えるアイテムは自身にきちんと合う物を選ぶ

前の項目 目次 次の項目

 

痛みを軽減させる事を考えた場合には『杖』も身体を支える補助アイテムとして

非常に重要に なります。

 

 

両足の他に杖により もう1点『地面との接地点』を作り、3点で身体を支える事で

歩行時の衝撃を分散させる事が出来ます。

 

 

こうした歩行補助アイテムを併用すると尚、効果が高まるので単品で使用するよりも

併用する方法が お勧めです。

 

 

股関節に痛みを感じる状態の時には1歩踏み出す際に どうしても股関節に痛みが生じて

しまうので、出来るだけ自身の身体に合った股関節ベルトで しっかりと固定し

 

支えた方が歩くのが楽に なりますし、何よりも安心安全です。

 

 

ある程度こうした装備で歩行時の痛みを軽減出来たのならば、整形外科やペイン

クリニックなどに定期的に通院して、自身の身体の状態を把握しながら日々過ごす。

 

と言うのも精神面の安心の為に大切ですね。

 

 

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が大事/逆に言えば・・・・

 

股関節を痛めた時は杖と股関節サポーターの併用が効果的

 

4. 股関節が強烈に痛み出すと通院も出来なくなってしまう

前の項目 目次 次の項目

 

股関節の痛みが強すぎて動けない等、整形外科などへの通院もツラい状態の場合は

まず、こうしたアイテムで日常に おける関節への負担を減らして、少し痛みが

 

マシに なってたかも、と思ったら直ぐに、通院して治療・リハビリを受けて身体が

少しでも回復する様に努めるのが最善の選択だと思います。

 

 

関節各部位が痛むと、治癒するのに かなりの期間を要してしまうと 思いますが、

健康な身体に戻る為に日々の負担の原因を減らして行きましょうね。

 

 

股関節の筋肉の張り・痛み/股関節の硬い筋肉を解すには

 

 

5. 足腰を痛めたら生活に欠かせなくなる補助アイテム

前の項目 目次 次の項目

 

身体に痛みが現れている状況に日々苦しんで悩んでいる方に とっては こうした

関節補助サポーターが何よりもの直接的 支えになる訳ですから、日常生活に

 

取り入れて1日1日を終えた頃に今日は昨日よりも負担が少なく過ごせたな。と

毎日実感できると良いですね。

 

 

 

 

腹痛時に神頼みするよりも冷える お腹を温熱ベルトで温める

ツラい腹痛時には神に頼むより温熱ベルトで腹部を温める

 

お腹の痛みは発生し出したらトイレに篭りっきりになり、先が見えない程

ツラく苦しい思いを味わいます。

 

 

信心深い人も そうで無い人も、この時ばかりは神頼みして『痛みを取り

去ってください!』と神に縋(すが)りたくなります。

 

 

何回も激しい痛みの波が襲って来るので、一旦 落ち着いたら 痛み止め薬を

飲んで またトイレに駆け込む、と言うのを繰り返せば誰もが憔悴して

 

グッタリと してしまいます。

 

 

マジックテープ式温熱治療器だから動いてもズレずに温められる

 

お腹が激しく痛むと神頼みして、腹痛が治まる様に神に縋りたくなる

 

お腹を両手で抱きかかえ、掌で温めたいけれど・・・・

 

お腹を さすりたいけれど、余計な刺激を与えてしまうと痛みが増してしまうのが

怖いですし、でもトイレに篭りっきりで身体も冷えて来ているのが分かるから

 

せめて お腹だけは そっと手を添えて手の温もりで温めよう。

 

 

 

と、腹痛時の痛みを 少しでも和らげよう。と すると、自然と痛み止め薬を飲んで、

その上で手を添えて お腹を温めようとすると思います。

 

 

手を添える他には 人によっては腹巻きを装着するなど・・。

 

 

お腹を温める事で血液の流れをスムーズにし、それに伴い内蔵の働きも良くなり

腹痛を和らげてくれます。

 

 

なので、トイレに篭って ある程度落ち着いたら痛み止め薬を飲んで腹巻きなどで

お腹を温める事で神頼みするよりも 分かり易く腹痛を緩和する効果を感じられると

 

思います。

 

 

便秘でツラいお腹の悩み解消/腸内環境を整えてスッキリ綺麗に

 

 

腹巻よりも直接的にお腹を温めてくれるアイテム

 

更に『腹巻き』よりも温め効果が顕著なのは温熱効果により、直接お腹を温める

専用の温熱ベルトです。

 

 

こちらは夏場は暑くて頻繁に装着すると言うのは なかなか難しいですが、夏でも

お腹の痛みが強い時だけは装着してみると ある程度 状態が落ち着くので

 

そうした状態の時に少しの間だけ暑さを我慢して活用してみる事を お勧めします。

 

 

また慢性的に お腹が緩く、毎日の様に下痢が続くと言う場合(過敏性腸炎など)

夏場は常時装着しておくのは暑くて無理だとしても、秋から冬・春先に掛けては

 

ジンワリと お腹を温めてくれるので、夏以外の季節には大いに活躍してくれます。


 

寒くなって来ると足や手・頭や腰・首筋と身体のあちこちが冷えてしまい、

それだけで体調を崩してしまったりします。

 

 

特に季節の変わり目と言うのは寒暖差が激しく、体温調整が難しくて、身体が

ついて行けなくなり、発熱や腹痛が起こりやすい状況です。

 

 

まして、足腰を悪くして杖を使って歩行していたり、車椅子に乗っている時は

『外出中に急いでトイレに駆け込む』と言う事も出来無いですし、車椅子の

 

場合は常時 路面の振動でガタガタと揺さぶられ続けるので 尚更 腹痛や体調の

崩れには気を付けたいですね。

 

 

車椅子移動中に急激に腹痛に襲われた時は地獄の苦しみ

 

 

なので、暑い日・寒い日と その日の気候次第で体調が左右されすぎない様に

備えて置くのが大切です。

 

 

その備え、と言うのは食事面だったり、部屋の温度を調節できるクーラーや

ヒーター、そして身体に身に着ける温めアイテムの存在ですね。

 

 

お腹を冷えから守り、温めて いつでも対策出来る備えがあると心強い物です。

 

 

お腹のみならず腰や頭、脚なども温めてくれる万能性

この温熱ベルトの他とは違う構造と言えば『電源を入れてジワジワと温める』

と言う通常の温熱ベルトタイプでは無い事が挙げられます。

 

 

簡単に言えば『湯たんぽ』を お腹に巻き付けるイメージなので、バッテリーも

コードも必要ありません。

 

必要なのは、お湯だけです。

 

 

なので、充電切れの心配も不要ですし、コードに繋がれていないので自由に

移動する事も出来ます。

 

お腹温めベルトがあると腹痛時も安心できる

 

ウエットスーツ素材だから火傷の心配なく安心

 

『お湯を注いで温かさ感じる』と言うのは従来の湯たんぽと同じですが、少しだけ

異なる点と言えば、お湯を注いで肌に直接つける部分がウエットスーツ素材で

 

作られている点です。

 

 

その素材故に お湯を注いで腰・お腹周りに巻いても火傷の心配をする必要が

無いのです。

 

 

こうしたアイテムが家に1つあるだけで腰痛や腹痛に対する心強さも まるで

違います。

 

 

いつ襲って来るか 測できない腹痛ですが、時々充電して備えておけば安心ですね。

 

 

腹痛や腰痛で苦しくない時には特に必要の無い お腹周り・腰周り温めアイテムですが、

いざ お腹を痛めた時に お腹温めアイテムが手元にあると、ツラい状況に即対応

 

出来ます。

 

 

慢性的に下痢などに悩む方には不可欠な お腹温めアイテム

 

普段は生活に要らないアイテムでも、過敏性腸炎などで お腹が慢性的に緩い方に

とっては、1度でも使ったら生活に無くては ならないアイテムに なります。

 

 

私自身、お腹が緩くて強烈に痛んだ時には手を添える位の対策しか出来なかったのに、

この温熱ベルト1つあるだけで、大きな助けに なりました。

 

 

【腰用の温熱ベルトがあると腰のみならず、お腹が痛む時も

優しく温められる/腹痛時にお腹をジンワリと温めるのにも最適↓↓】

 

 

 

四層構造体圧分散マットレスで腰痛などの寝苦しさを解消する

腰痛による寝苦しさを体圧分散マットレスで和らげる

 

腰痛や肩周り、足や首などが痛むと何かと寝苦しさを感じてグッスリ

眠れなかったり、あるいは寝るまでに腰が落ち着く位置が なかなか

 

見つけられずに、仰向けから うつ伏せ・横向きに なったり等、寝姿勢を

しょっちゅう変えて、丁度良いポジションを ようやく見つけられてから

 

眠りに就く。と言った 一連の流れが毎晩のように続くと大きなストレスに

なります。

 

 

ドーム型枕でグッスリとリラックスして毎日快適に眠る

 

 

自身の身体に合うマットレスを見つける事が大事

 

それは、恐らく布団やマットレスの硬さ・柔らかさの問題であり、自身の

身体に合った敷布団・マットレスで寝る事によって就寝時の腰などへの

 

負担も軽くなり、痛みも和らげられると思います。

 

 

すんなりと寝る為に大切なのは横になった体勢でマットレスが沈み過ぎない

硬さのマットレスを選ぶ事が重要です。

 

 

つまり、敷布団・マットレスが柔らかいと 寝ている間に徐々に沈んでしまい、

腰や お尻の部分が緩く沈むことで、そこに負担が集中してしまい、結果として

 

寝苦しさに繋がったりなど。

 

 

腰痛時に役立つサブスクリプション制のマットレス/快適睡眠

 

敷布団が身体に合わないと就寝時間中、腰に負担が掛かり続けてしまう

 

沈んで一点に荷重が掛かった状態で居続けると痛みが強くなる

 

朝起きた時に腰を中心とした身体の疲れなどが生じてしまいます。

 

 

なので、体圧分散マットレスと言うのが寝苦しい日々から身体の疲れを取り去り、

腰などの痛みを和らげてくれるので、心地良く眠る為には重要なアイテムなのです。

 

 

 

 

四層構造で厚さ24cmと言う作りに なっており、1層目がウレタンフォームを使用

した低反発と高反発の長所を併せ持った『優反発』により、柔らかさと弾力性を

 

兼ね備えた抜群の寝心地に なります。

 

 

心地良く眠る為には 適切な寝具と寝返りが大切

 

 

マットレスが沈まない事で遥かに快適な寝心地に

 

マットレスが沈んで体重が その箇所1点に集中しないで分散してくれるので、身体に

ストレスも掛かりません。

 

 

2層目が波型ウレタンフォームで波型を描いて加工されている為、体圧分散が可能に

なり、程よい寝心地を得られる構造で通気性にも優れている為、汗を掻いた時にも

 

安心です。

 

 

暑さでグッタリしてしまう夏の就寝時にピッタリな爽快ジェルマット

 

 

3層目はポケットコイルで構成されている為、これもまた体圧分散に大きな効果を発揮

してくれます。

 

 

そして4層目は高反発ウレタンフォームで しっかり下から支えてくれて、腰が沈まずに

しっくりくる寝姿勢を保てます。

 

 

マンチェスター・ユナイテッド公式マットレス&ピローパートナー「エムリリー」の新作

【エムリリーハイブリッドマットレス】

 

 

この四層構造で1点に集中させずに負荷を逃がしてくれるので、快適な眠りに就ける。

と言う訳です。

 

 

足・腰・肩・首と言うのは痛み出すと日中、起きている時は勿論、1日を終えて眠る時

にも痛みが気になり、寝つけない日々が続いてしまいます。

 

 

日中は関節サポーターや杖などの歩行補助アイテムで痛みや衝撃は ある程度 防げたり

和らげる事が出来ますが、それらは寝る時までは装着していられないので、

 

 

装着を外して身体が解放されてリラックスした状態でいる時にこそ、負担を和らげる

工夫が大切ですね。

 

 

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

1日の3分の1ほどを占める睡眠時間だからこそ快適に眠れる寝具を

 

1日24時間の内、人により異なりますが 大体8時間前後寝るとしたら その間に出来るだけ

疲労を取り去り朝起きた時にスッキリしたいと思います。

 

 

その為にも 中々寝つけずに悩んでいたりイマイチしっくりこない敷布団やマットレスを

普段使っている方は、程良い寝心地の体圧分散マットレスを試してみるのも良い対策に

 

なるかも知れません。

 

 

【腰の負担を和らげる為には敷布団の寝心地が重要!/身体を

のんびりと休める為には こちらのマットレスが おすすめ↓↓】

 

市販の複合成分ハーブティーで気軽に健康にダイエット

複合ハーブティーで健康にダイエット

身体の浮腫(むく)みや腰周りの お肉の増減は男女関わらず

誰もが気になる所ですが、足や腰などを痛めてしまうと、

 

思う様に歩行や運動も行えなくなってしまい、身体に脂肪を

蓄え続けるのを黙って見ているしか無くなってしまいます。

 

 

ましてや、秋冬の様に日常の中で汗が流れづらい様な気候の

場合には、体型の崩れが益々 顕著になって行きます。

 

 

そういう意味では幸いにも 今の時期は本格的な夏の訪れが近づき、

徐々に気温が高まって来ていますから、日によっては特に何も

 

しなくとも身体の表面が汗ばむ程の暑さを感じたりします。

 

足腰を痛めて思う様に運動が行えなくなると、お腹・腰周りに脂肪が蓄積してしまう

 

私も足や腰などを痛めて以来、お肉が溜まるのは覚悟していたけれど、

それでも やはり腰や お腹を鏡で見て『こんなに脂肪が厚くなってる』

 

と言うのを視認する度に溜め息を ついてしまいます。

 

 

腰痛が悪化すると運動不足になり、腰周りに脂肪が蓄積してしまう

 

 

ダイエットの為に運動を行いたくても出来ない場合にどうするべきか

 

少しでも状態がマシになれば 常に動き続ける様な激しい運動は難しくても

ストレッチを日常的に行ったり、ヨガの様に静かに行える運動を行い、

 

血流を高めて代謝を促したり出来ますが、足腰の状態が悪い現状を考慮すると、

中々難しそうなので『運動を行うと言う考えとは違う視点』から体型について

 

考えてみたいと思います。

 

 

あちこち痛んで身体を動かすのが難しいのならば、呼吸法により血行を促進

させる、と言う手段を考えてみました。

 

 

呼吸法と言うのは 腹圧をコントロールしたり、お腹のみ ならず姿勢にも

自然と意識が向くので、身体を動かせない時に お腹や背中の筋肉を

 

活性化させるのに非常に有効な手法だと思います。

 

 

息を強く吐いたり、大きく深呼吸したり、お腹と背中以外は力を入れずに

行えるので 体型維持や健康維持にも 大きな助けに なると思います。

 

 

脂肪が付きやすい部位は 特に意識してトレーニングする

足腰を痛めて思う様に運動が行えない時でも呼吸法で腹筋を動かせる

 

脂肪の吸収を妨げるサプリメントを活用する

 

そして、もう1つは脂肪分の吸収を妨げてくれる成分配合のサプリメントや

お茶などの飲料の存在ですね。

 

 

近年はコンビニやスーパーなどでも見かける機会が多いですが、日常的に

飲むには ちょっと値段の面で躊躇してしまいますね。

 

 

足腰痛で動けない身体/脂質の過度な摂取を抑制するサプリメント

 

 

こういった物は 毎食ごとにだったり、甘い物や脂っこい物を食べ過ぎた後

などに飲みたいので常に手元に常備して置ける値段で無いと、定期的に

 

飲み続けると言うのは なかなか難しいですね。

 

 

手頃な値段で食前に飲むことが出来る お茶があるならば、私の様に健康や

体型に悩みを抱える方に とっての大きな助けになるのでは無いでしょうか?

 

 

無理せず気軽にダイエット継続/種も皮も凝縮スイカサプリメント

 

 

 

そこで、飲みやすさと容量・値段の面のバランスの良さから見て、この30包

3個セットのハーブティーが丁度良いアイテムだと思いました。

 

 

【ハーブティーでスッキリ爽やかにダイエットする↓↓】

 

 

 

 

全62種類の複合成分から構成された飲みやすいハーブティーが健康・美容・

ダイエットを助けてくれます。

 

 

いわゆる錠剤(カプセル)のダイエットサプリメントが飲みづらくて苦手と

言う人でも、ハーブティーならば抵抗なく定期的に飲めるかと思います。

 

 

また、普通のハーブティーが苦手と言う人の場合にもラズベリーを基調とした

ほんのり甘くて飲みやすい風味なので、苦手意識なく美味しく飲み続けられると

 

思います。

 

 

この様に、【飲み易くて いつでも飲める】と言うのが健康の大きな 助けに

なるので、こう言った お茶だったりサプリメントなどを常備して、例えば

 

外出時に出先でも飲みたい時に飲め様に手元に置いて おきたいですね。

 

 

日常的に気軽に体内に吸収出来る、と言うのが気軽に継続できるコツだと

思うので、この様に生活の大きな助けになるダイエット成分を含んでいて

 

 

気軽に実践できるアイテムを日常に取り入れて、無理なく習慣化させて

健康を保ちましょうね。

 

 

【何時でも飲める/飲みやすいハーブティーを飲んで

スッキリ爽やかにダイエットするなら こちら↓↓】

 

 

 

ダイエット体内環境整え/サプリメント→

ダイエット・体内環境整えサプリメント

股関節サポーターで歩行時のツラさ対策/坐骨神経痛・脊柱管狭窄症

股関節サポーターで歩行時の痛み・衝撃を和らげる

 

足に痛みが生じると、立ち上がるのも歩くのにも鋭い痛みが襲って

来て、何かの動作をする度に忍耐を強いられる事に なります。

 

 

そして、足の痛みと言う物は悪い事に『1箇所痛む部位』が あると

そこを庇う様に歩き続ける様に自然と なってしまうので、

 

日常生活を普通に送っているだけで、あちこちにダメージが散らばって

各所で蓄積してしまう様に なります。

 

 

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、痛みに繋がる

 

足の何処かを痛めると、そこを庇いながら歩く様になり、あちこちに痛みが広がってしまう

 

 

膝が痛めば、もう片方の足に重心を乗せがちになり、今度は そちらの足に

痛みや違和感が生じ始めてしまう様に なります。

 

 

その新たに痛みが出始めた所を また同じように庇いながら歩いていると、

いつの間にか足首だったり股関節や腰にまで痛みが生じ出してしまい、

 

酷い場合には元々の箇所より庇った側に より強いダメージが蓄積し、腰や

股関節が強く痛む様に なったりしてしまいます。

 

 

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

 

 

1日2日で治る物では無いので、日常で負担を和らげる事が大事

 

そういった事を避ける為に足(腰)の何処かが痛み出したら、例え軽度で痛みが

それ程 強くなくても速やかに整形外科やペインクリニックなどを受診する事が

 

その時点での最善の選択だと思います。

 

 

整形外科を受診する時に良い病院か否か?を見分ける/足腰の痛み

 

 

しかし、通院しても『1日2日で完全に治る』と言う事は難しいと思うので、病院

以外での日常生活の中で如何にダメージを少なく過ごし、次の通院に備えるか?が

 

大切に なって来ます。

 

 

その方法としては足や腰への負担を出来るだけ和らげる事なのですが、通常歩く際

には、どうやっても重力や歩行時の衝撃が身体の中心から下側に位置する足や腰に

 

ガッツリと掛かってしまうので、その部位への負担を歩行補助アイテムで守り、

支えると言う意識・対策が重要に なります。

 

 

股関節の痛みの場合、股関節自体の関節の異常や炎症と言う事も ありますが、

腰からの影響により激しい痛みが生じる事も あります。

 

 

私の場合『股関節まで痛みが強くなって来た。』と言う事で股関節のレントゲンを

撮った所、股関節には変形などの異常は無く、結局 股関節の痛みの原因は

 

『腰部の神経が圧迫されている脊柱管狭窄症や坐骨神経痛などが原因であろう。』

と言う診断に なりました。

 

そうした腰から来る物であろうと、股関節の骨や炎症によるものであろうと、杖で

両足の外に3点目の地面との接地点を作り、足腰に掛かる負担を減らしたり、

 

 

腰痛サポ―ターで腰周りを しっかり固定し支えたり、膝サポーターや足首サポーター

で1歩1歩の歩行の衝撃を緩和したりと、関節補助サポーターを有効に使う事で日常で

 

掛かる負担を だいぶ軽くする事が出来ます。

 

 

しかし、これらの対策をバッチリしていても どうしても足の付け根に疲労感や

痛みが生じてしまう事が あるのです。

 

 

足の付け根・股関節が痛み出した時の対処法/圧迫感・痺れ

 

足や腰を痛めた時は杖等の歩行補助アイテムを使い、大きなダメージから守る

 

股関節までは なかなか意識が向かないからこそ、知らない内に痛めやすい

 

歩く際の足関節の連動を意識して、負担を少なくする為に意識しながら歩くと

膝や足首、腰に掛かる負担には結構 気を付けられるのですが、そうした意識の

 

外に ありがちなのが足の付け根・股関節の動きなのです。

 

 

足首・膝・腰は関節の動きや姿勢を意識しやすいですが、その関節の連動の連結部

として最も重要な股関節の動きは何故か忘れてしまいがちです。

 

 

他箇所を強く意識するあまり、最も可動範囲が広く、重要な働きをする股関節への

意識・対策が希薄になり、『結果的に1番痛みが強い部位になってしまった。』

 

と言う事は 結構あると思います。(私も股関節の痛みが最も激しい時期が ありました。)

 

 

なので、股関節もサポーターをガッチリ巻いて補助し、関節の可動を制限しながら

歩行する必要が あるのです。

 

足腰の痛みに気を付けながら歩いていても、股関節へのダメージの蓄積は ついつい忘れがちになってしまう

 

左右両用サポーターだから どちらの痛みにも対応できる

 

こちらは左右両用の股関節サポーターなので、どちらかが痛んでいても右用・

左用と別々に買わなくても、これ1つあれば どちら側でも補助し、支えられます。

 

 

丁度、足の付け根の位置にパッドが当たる設計に なっているので服を着た際には

やや嵩張る感じがしますが、日常生活を送る上で大きな助けに なってくれます。

 

 

こういった歩行補助アイテムで万全の備えをして少しづつ、身体へ掛かる負担を

和らげつつ、やがては無くして行き、完治を目指しましょう。

 

 

 

 

股関節の痛み対策/痛み・負担緩和→

股関節の痛み軽減対策

マジックテープ式温熱治療器だから動いてもズレずに温められる

マジックテープ式の温熱治療器で動いてもズレない

 

身体が痛み出したり、関節部位に違和感が生じ始めたりした時に

速やかに整形外科などを受診できれば痛みも広がらず、最小限に

 

留める事が出来るのでしょうが、日々やる事が沢山あり、多忙な

日々を送る方には、中々そうも行きません。

 

 

特に、仕事の繁忙期などに身体を休める暇も無く過労が たたり、

足や腰などに疲労が蓄積し、痛めてしまっても変わらずに

 

『忙しい毎日が続き、病院に行く暇も無い』と言うのは困ります。

 

 

関節の痛みは早めに対処しないと どんどん悪くなってしまいます。

 

 

整形外科への通院で早く完治を目指す上で大切な事

 

忙しい時に適切な治療を受けられずに身体にダメージが溜まり続けると・・・・

 

ましてや、それが腰や足など日々の衝撃や疲労が蓄積する箇所ならば、

尚更 早めに処置しなければ日を追う事にダメージが溜まってしまい、

 

多忙な日々が過ぎ去ってから暇を見て通院したとしても完治まで数か月

あるいは それ以上の日数が掛かってしまったり・・・・

 

足腰に痛みが生じた場合、日常生活が非常にツラくなる

 

なので、痛みや違和感が生じ始めた最初の方の段階で上手く処置できれば

良いのですが、その為には どうするべきなのか?と言う知識や情報を

 

知っておくと スムーズな最初期の処置が行えると思います。

 

 

日常の中で疲労を感じやすい身体の部位/足腰の筋肉・関節

 

痛み始めの初期段階は冷やし、熱が引いて来たら温める

 

まず、関節部の痛みには『急性期と慢性期』と言うのが あり、急性期と

言うのは捻挫などで痛みが出始めた時、慢性期と言うのは炎症が治まり、

 

熱も引き始めたけれど、ジワジワ痛みが続いている段階を指します。

 

 

急性期は炎症などにより、痛む患部に熱や腫れが起こり、血液の流れが

活発に なっている為、冷やして落ち着かせる事が大切に なります。

 

 

氷嚢や氷嚢が無い場合にはビニール袋に氷と少量の水を入れた即席の氷嚢

代わりの物で冷やす事で血流量を抑え、腫れも徐々に鎮める事が出来るので

 

最初期の対処法として とても重要です。

 

腰などを痛めた急性期には氷嚢などで冷やして血流の高まりを抑える

 

そして、3日ほど暇を見て 冷やし続けたら、今度は腫れと炎症が引いて

行き、ジワジワと痛みが続く慢性期に入ります。

 

 

今度は筋肉が硬くなり、血の巡りが鈍くなっているので それを促進する

為に温める必要が あります。

 

 

家で寝ながら温熱治療器で腰痛・関節痛を気軽に癒す

 

 

家庭用の温熱治療器があれば慢性期の関節の痛みにも対応できる

 

しかし『温めると言っても、病院に行く暇も無いのに どうすれば?』

 

 

と言う方にピッタリな『自宅で行える家庭用温熱治療器』と言う簡易的に

痛む腰や足関節などを身体の表面から内部までジンワリと温める事が

 

出来るアイテムが あるのです。

 

 

腰が痛む時に行う対策/腰が痛む時に行えない事

 

 

しかも、この治療器はマジックテープで留める関節サポーターの様に

ベルトで固定できるタイプなので、例えば患部を温めている時に『ヤカンが

 

沸騰した』とか急にトイレに行きたくなった、と言う時にも腰や膝などに

直接 巻いて固定しているので、ズレずに その都度 電源を切ったり外す必要が

 

無いと言うのが利点です。

 

マジックテープ式の温熱治療器ならば、ヤカンが沸いた時などに電源を切らずにそのまま動ける

 

このアイテム1つ自宅に あるだけで、帰宅してクタクタで動きたくない。と言う時

にも手が届く範囲内に あれば、グッタリ座り込んでいる状態の時にも就寝前の

 

ひと時にも好きな時に温熱療法を行う事が可能に なります。

 

 

血流の鈍りから腰痛になる理由

 

 

ベルトで巻き付ける事も出来る形状故に、腕や肩・足などにはマジックテープで固定し

ズレずに動きながらでも温め効果を得られますし、関節痛以外にも『腹痛で腹部を

 

温めたい』と言う場合にもマジックテープを張り付ける事で、自由に動きながらでも

温め効果を維持できるので、非常に日常に おいて大きな助けに なります。

 

 

この様にアイテムを有効に活用して日々のダメージを抑えつつ、時間が空いた時には

通院して少しでも早い完治を目指しましょうね。

 

 

【自宅で簡単に行える温熱治療器で腰や脚を外部からジワジワと

温めて血液の流れを促す↓↓】

 

 

 

 

ドーム型枕でグッスリとリラックスして毎日快適に眠る

被るドーム型枕で日々快適睡眠で疲れを癒す

 

日々の疲れを癒すには合間合間の適度な休息と1日が終わった後の

睡眠時間にグッスリと眠る事ですね。

 

 

快適な睡眠には自身の身体に合った枕と布団が欠かせません。

 

 

布団は身体が沈む柔らかさでは腰などに負担が掛かり続けてしまい、

疲れを癒すはずの就寝時間が 逆に疲労を深めてしまう事も あるので

 

体圧分散力に優れた 一箇所に重心が掛からないタイプのマットレス

選ぶと快眠を得やすくなると思います。

 

 

その上で、枕は布団との相性や自身の身体との相性も あるので選択が

難しいですが、首の骨に とって自然な形を考えると、どう言った枕が

 

負担が少なく快適か?と言うのが見えてきます。

 

 

頭蓋骨から連なり、緩やかなS字カーブを描く背骨は身体に とって

自然な形状を保ちながら眠る事が大切です。

 

 

その為には枕の高さ・角度・硬さ柔らかさを重視して探す事で 快適に

眠れる枕を見つけ出す事が出来る筈です。

 

 

睡眠不足・疲労・腰痛でもぐっすり眠れる3つの快眠グッズ

 

布団と枕に もう一点快眠アイテムを取り入れて心地良い睡眠が得る

この布団と枕の2点と春夏秋冬それぞれの気候に合った室温設定にする事で

日頃の疲れを癒す事が出来、グッスリと快適な眠りを得られるでしょう。

 

 

そして、更なる快適な睡眠を日常的に手にするには防音、つまり雑音の無い

静かな空間作りと、閉じた瞼の奥に余計な光が入らない様に遮る事が

 

大切に なります。

 

 

その問題を解決したのが『ドーム型の構造』で頭を覆ってし防音や光を遮断する

設計の枕です。

 

 

【被るドーム型枕で静かな空間を作ってグッスリと眠る↓↓】

 

 

 

 

心地よく眠る為には『適度な閉塞感も重要である』として、この様に頭を覆う

設計になった様ですが、同時に遮光・防音も兼ねていて静かな空間作りも

 

出来るので、不眠に悩む方や とにかく疲れを取りたくて快眠を得たい方に

おすすめの快眠グッズと なります。

 

 

眠りが浅かったり遅くまで働いて疲れてグッタリしながらも 翌朝も早く起きて

直ぐに動き出さなければならない多忙な日々を送っている方は出来るだけ

 

ある程度 定まった就寝時間の中で身体を休めて、その中で少しでも疲労を

和らげる必要がありますから、この様な通常の発想を超えたアイデア商品を

 

使ってみて、普段とは違う環境や寝心地を手に入れるのも大切だと思います。

 

 

頭を覆う小さなテントの様な形状の中に頭を入れて眠るのは最初の内は慣れない

かも知れませんが、日々の睡眠時間が少しでも快的になる様に試してみるのも

 

良いと思います。

 

 

心地良く眠る為には 適切な寝具と寝返りが大切

 

テレビでも紹介されたアイデア商品

 

テレビ番組でも紹介された事のある快眠グッズなので、全く未知のアイテムよりは

そういった点でも試してみるのに敷居が低いかと思います。

 

 

奥行きが深く、それほど窮屈さも感じないので家族が居る方も、テレビやパソコンの

光を気にする事無く、グッスリと眠りに就けます。

 

 

そして、頭を覆う事で秋冬に掛けての冷んやり肌寒い季節でも、頭部は温かい状態を

維持できます。(雪で作る『かまくら』の様なイメージですね)

 

 

幅58cmで奥行き44cmの まるで深く静かな1人っきりの空間にいるかの様な

小さなドームで毎日の疲れを癒しましょう。

 

 

 

【被るドーム型枕で光を遮断し快適な空間を作り、グッスリと

リラックスしながら眠り、疲れを取る↓↓】

 

 

 

疲労や痛みの蓄積を和らげるマットレス&電動ベッド

疲労や痛みの蓄積を和らげるマットレス&電動ベッド