身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

腰の負担を減らしリクライニングソファーで楽な姿勢を保つ

腰の負担を減らす為、リクライニングソファーで楽な姿勢を作る

目次


1. 日々の疲弊感が腰へと蓄積して痛みへと繋がってしまう

目次 次の項目

 

 

日々忙しく身体を動かしていると、を始め、

股関節膝関節に どんどん疲弊感が蓄積してしまい、

 

 

日を重ねるごとに  ジワジワと状態が悪くなって

しまいます。

 

 

 

特に、が過度に疲れたり、痛みを感じ始めると

を庇う様な歩き方になり、

 

 

 

 

身体全体の重心バランスが崩れ始めます。

 

 

 

頭から足先までを1直線にした時に大体、中心になるのは

腰椎なので、ここを支点に上体を前に倒したり、

 

 

 

後ろに反らせたり、横に捻ったり、もっと言えば、歩行時の

衝撃を和らげる様に 緩めたりする部位なので、

 

 

 

の状態が悪くなると、日々の歩行などの際、何かと

負担が生じやすくなってしまい、

 

 

 

重心バランスも 崩れて行きます。

 

 

2. 身体の重心バランスが崩れてしまうと痛みも強くなる

前の項目 目次 次の項目

 

 

重心バランスという物は、幼い頃に 立ち上がる前の
前段階として、ハイハイから始まり、



よちよち歩きを経て、やがて安定した二足歩行へと
続いて行く訳ですが、これは少しづつ成長過程で



歩行に必要な筋肉を育んで行き、そして安定した
二足歩行が出来る様になる訳ですが、



二足歩行が当たり前に出来る様に なってから、
何十年と生きて行くと、





今度は二足歩行だからこその負担が足腰
生じ始めてしまいます。




上半身の姿勢は肩の位置よりも 頭が前に出ている
時間が長い程に、重心が前のめりの時間が続き、



その分、腰椎に余計な負担が掛かり続けてしまいます。




腰椎は、足と上半身を繋ぐ部分、そこを支点に身体を
前に倒したり、反らしたり、横に捻ったりするので





日常生活の中で非常に負担が掛かり易い部位です。
 

3. 腰椎や腰の筋肉の支えが弱まると痛みが強くなる

前の項目 目次 次の項目

 


骨は柔軟性が ありますから、直角のままでは無く、
クネッ、と背骨を丸め気味に したりして




前傾したりしますが、背骨を曲げたままの状態で
身体を前方に倒すと、腰椎への負担が増してしまいます。




これは背骨を丸めて居る為に、脊柱起立筋の関わりが
小さくなってしまっているからです。




骨の周りを覆う腰の筋肉が、腰を丸めながら上体を
前方に倒す事で 上手く働かない為、



支えがない状態では、骨に負担がググっと
乗ってしまう訳です。




何も前傾姿勢になった時では無く、脊柱起立筋
関りが少ない姿勢で居続けるはの負担が




大きくなってしまいます。




かと言って、常に背筋をピン、と張り詰めた姿勢で
居続けても、今度は腰の筋肉疲弊してしまいます。




なので、歩く時は出来るだけ肩よりも頭が前に
行き過ぎない様に、気を付けて、



座り姿勢の際には背筋を張ったり、緩めたり
腰の負担を減らす為に緩急を付けましょう。

 

 

 

腰痛の負担を減らすには姿勢に気を付ける事が大事

腰痛の負担を減らす為に姿勢に気を付ける

目次


1. 人により腰痛の原因は様々

目次 次の項目

 

 

腰痛と言うのは ギックリ腰や椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症やその延長線上の間欠跛行

 

 

 

他には腰椎変性すべり症等々

様々な痛みの発生原因がありますが、

 

 

 

何れの場合も、痛みの発生時に上手く

対処して きちんとした適切な処置を施せば

 

 

 

痛みが強く出る前に 完治に向かわせる事が

出来ると思いますが、

 

 

 

私もそうでしたが、多忙な日々を送っていると

腰部に痛みや違和感を感じていたとしても、

 

 

中々 その時点で速やかに整形外科に行く事は

難しいです。

 

 

 

 

当然ながら 処置が遅れる程に、の痛みは

日々 積もり積もって悪化して行く一方になります。

 

 

 

 

腰部、骨盤と言うのは立ち上がったり、

座ったり歩いたり、を曲げたり日常で

 

 

 

ほんの少しの動きの際にも起点となる

部分なので、起点に近い腰椎は何かと

 

 

大きな負担を受け止めてしまいます。

 

2. 立ち上がり時の姿勢でも腰に負担が掛かってしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

立ち上がる際にも状態が垂直のまま

立ち上がると言う事は、

 

 

 

余程姿勢を意識していない限り、殆ど無いと

思います。

 

 

 

姿勢を意識せずに 立ち上がろうと思った場合に

少し前かがみ姿勢になり、

 

 

 

それからを踏ん張って立ち上がると思いますが、

骨盤、腰椎を起点に考えた場合、

 

 

 

 

海外の調査によると体重70圓凌佑両豺隋

第3椎間板には立っている状態で

 

 

 

100圓良蕾戮掛かっていて、軽くお辞儀をすると

150圈着席時に同様に軽くお辞儀をすると、

 

 

 

 

何と180圓發良蕾戮掛かって居る事が

判明したらしいです。

 

3. 腰に痛みや違和感を感じたら早い段階で整形外科を受診する

前の項目 目次 次の項目

 

 

つまり、椅子から立ち上がろうとした時に

意識して垂直姿勢のまま立ち上がる人で

 

 

無い限り、起立時に毎回、大きな負荷が

生じていると言う訳です。

 

 

 

 

ですので、腰を痛めた場合に 日常で

気を付けるべき事は まず、腰痛サポーター

 

 

 

杖で起立時、着席時、歩行時に掛かる負担を

減らす事。

 

 

 

それと同時に、腰部を守る備えが出来たら

なるべく早い段階で整形外科を受診し、

 

 

自身の現状の腰部の状態を知る事です。

 

 

 

そして、通院時以外には腰痛サポーター

杖で守る他、姿勢に気を付ける事が

 

 

 

とても重要であると言う事です。

 

4. 腰は疲弊する事で痛みが強くなってしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

姿勢に気をつける、と言うのは背筋を

張り続ける事に繋がってしまう面もあり、

 

 

 

 

腰の筋肉である脊柱起立筋が過度に疲弊し

易いと言う側面も あります。

 

 

 

脊柱起立筋が疲弊し続けると、ダメージ

減らそうと姿勢に気を付けている筈なのに、

 

 

 

寧ろ、疲弊が重なり続けると痛みが強くなって

しまう、と言う事も起こり得ます。

 

 

 

なので、歩行時には背筋を張り、肩よりも頭を

前に出さずに気を付けつつ、

 

 

 

座り姿勢では背筋を張ったり、やや緩めたりなど

緩急をつけると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

そうした時に適して居るのが、自由にに楽な姿勢

作れるリクライニングソファーが あると便利です。

 

 

 

 

の角度もの負担に影響するので、上半身と下半身の

角度を自由に調節する事が出来るリクライニングソファー

 

 

 

腰痛の負担を和らげるには、丁度良いアイテムなのです。

★ポイント最大16倍★【全国配送可】-電動立ち上がりリクライニングソファ ベーシックA / KRC-A22 ブルー コイズミファニテック 1ケ JAN4905959463158 kt352401 取寄品(課税)-【介護福祉用具】

疲弊した身体を解す/ストレッチや温熱療法で腰痛対策

ストレッチや温熱療法で腰痛対策を施す

目次


1. 日々の疲弊から足腰に痛みが生じてしまう

目次 次の項目

 

 

日々の労働や日常の細々した用事などで

忙しなく動き回っていると、

 

 

 

 

気付いたら身体にドッ、と疲れが溜まり、

身体が怠くて重い日が続くと、

 

 

 

 

ぐったりとして気分も沈んでしまいます。

 

 

 

 

やる気が無くなってしまうと、一挙一動

総ての動作が鈍く重くなり、

 

 

 

身体に対するダメージが益々 積もり積もって

しまいます。

 

 

 

疲れは、やがて関節節々への痛みへと転じ、

遂には仕事は おろか、日常生活にも支障を来すほど

 

 

 

痛みが強く現れてしまう様に なります。

 

 

 

 

自身の身体に感じる違和感や痛みに対して

初期段階で整形外科に行くなど、

 

 

 

速やかに対処できると良いのですが、行けなかった

場合は勿論、行けた場合にも病院に行って直ぐに完治、

 

 

 

 

というのは足腰の場合は難しいので、通院に加えて

日常で関節サポーターを装着したり、

 

 

 

 

を使って歩行時の負担を極力避けようとする

意識が大切です。

 

2. 日常生活の中で杖や関節サポーターなどで痛み対策を施す

前の項目 目次 次の項目

 

 

日常への負担を避ける対策と言うのは、

関節サポーターのみならず、

 

 

 

 

温熱療法や出来る事ならストレッチも併せてする事で

毎日積み重なり続ける足腰へのダメージ

 

 

 

幾らかマシにする事が可能になります。

 

 

 

 

 

 

関節に痛みが生じ始めた初期段階では氷嚢やビニールに

氷を入れた物を患部に充てて冷やして、

 

 

 

発熱や腫れを抑えるのが有効で、2〜3日して腫れや

熱が引いたら今度は温める事が大切、

 

 

 

と言う事は 広く知られて居ると思いますが、

同時にストレッチをする事で

 

 

 

 

歩行や労働で凝り固まった腰の筋肉である

脊柱起立筋股関節周りの筋肉が解され、

 

 

 

 

 

疲弊した筋肉内部で滞りがちな血液の流れを促し、

乳酸・老廃物を排出する効果があり、

 

 

 

 

更に筋肉が解されて柔らかくなる事で関節の可動も

スムーズになり、歩行時などのダメージ

 

 

ある程度 軽減できます。

 

3. 足腰の痛みが強くなると歩行が困難になる

前の項目 目次 次の項目

 

 

しかし、あくまで ある程度なので、治療が上手く

進んでいない場合は、

 

 

 

 

少しづつ 少しづつ、日々ダメージは溜まり続けて

しまうのです。

 

 

 

 

溜まり続けたダメージは やがて神経を強く刺激し、

痛くて杖やサポーターを使おうが 歩け無い状態、

 

 

 

 

つまり歩行困難に なってしまいます。

 

 

 

 

そうなってしまうと、車椅子を日常に取り入れる様に

なるので、今まで以上に路面状況に対して

 

 

 

敏感に ならざるを得ません。

 

 

 

 

 

2階以上に住んでいる場合には、杖を使い、そ~っと

階段を下りる必要が ありますが、

 

 

 

 

いざ階段下に降りても 路面状況が ガタガタの場合には、

車椅子に乗っても、足腰へ振動による負担が

 

 

 

 

掛かり続けてしまうので、上半身だけで操る車椅子

乗りながらも、膝関節や臀部、脊柱起立筋に対して

 

 

 

神経を刺激する痛みが発生し続けてしまいます。

 

 

4. 車椅子に乗る時にもダメージが溜まるのでストレッチなどが大事

前の項目 目次 次の項目

 

なので、車椅子に乗る時は 自宅周辺の路面状況

という物が、より一層大切になるので、

 

 

 

 

ガタガタのアスファルト以外にも、傾斜が多い所などに

住んでいる場合には、車椅子をコントロールする

 

 

 

腕や肩関節に、大きなダメージを被る可能性があるので、

そうした時には、先ほど書いた様にストレッチ温熱療法

 

 

 

 

施して、痛みが強くなる事を防いでくださいね。

車椅子 車いす 車イス マキテック (マキライフテック) ワイドタイプ KS50-4643 介護用品 送料無料

足腰が痛む時も食事内容を見直して、脂肪の蓄積を妨げる

食事内容を見直す事で、脂肪の蓄積をコントロールする

目次


1. 日々の疲弊により、足腰の痛みが強くなる

目次 次の項目

 

 

日々の労働や諸々の用事などで身体を

休める暇も無く 忙しなく動き回っていると、

 

 

 

 

段々と身体全体の疲労感から足腰関節各部位への

痛みへと転化され、

 

 

 

 

それが酷くなると、自身ののみでは歩くのも

困難な程に痛みが 強くなってしまいます。

 

 

 

そうして、足腰に生じる痛みを どうにか

少しでも和らげようと 腰痛サポーター

 

 

 

 

 

膝関節サポーター、を多くの人が日常的に

使用する様になると思うのですが、

 

 

 

ここから新たな問題が生じます。

 

 

 

 

元々、二足歩行をする上で、人体は頭部から

足先まで全体が瞬時に連動する構造に

 

 

 

 

なって居るのですが、緩やかなS字カーブを描く

背骨から骨盤・仙骨を伝い、股関節から両足へと

 

 

 

 

1歩1歩を踏み出す度に、関節のスムーズな

連動によりクッション機能が働いて 上手い事、

 

 

 

 

地面からの衝撃が頭部にダイレクトに行き届かない様な

仕組みになって居ます。

 

2. 関節の連動が上手く行かないと、日々ダメージが強くなり続けてしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

ところが、この各関節部のスムーズな連動が何処か

1箇所(例えば腰)を痛めてしまうだけで

 

 

 

途端に連動が妨げられてしまいます。

 

 

 

 

連動が妨げられるばかりか、連動途中の

痛めた部位に、1歩1歩の歩行時の衝撃が

 

 

 

ガッツリと乗ってしまう様に なります。

 

 

 

 

こうなると、先ほど書いた様に腰痛サポーター

膝関節サポーター、杖などを日常的に使わなければ

 

 

 

歩行困難な状態に なるのですが、これらの

補助アイテムに頼り過ぎると、

 

 

 

 

を痛めている場合には、益々 腰の筋肉

(脊柱起立筋)は弱まり、膝関節なら膝関節周辺の

 

 

 

脚の筋肉大腿四頭筋)などが衰えてしまいます。

 

 

3. 筋肉が衰えると脂肪が蓄積しやすくなってしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

筋肉が衰えるとどうなるのか?と言うと、痛めた部位を

支えようと 周辺の筋肉が補助的に、

 

 

 

 

 

その負荷を受け止めようと働くのですが、

 

 

 

 

(この場合も過度な負荷が周囲の筋肉に掛かると

その部位も結果的に 痛めてしまいますが)

 

 

 

 

各部位ごとの関節サポーターで支える、と言う事は

その周辺の筋肉の補助的可動を制限し、

 

 

 

更に、痛めている箇所の筋肉の働きも制御して

しまっているので、

 

 

 

 

 

筋力低下→筋肉痩せ細り→脂肪蓄え→体重増加→

体重増加により、関節に掛かる負荷が増大する。

 

 

 

という悪循環に陥ってしまいます。

 

4. 脂肪の蓄積を防ぐ為に、食事内容をコントロールする

前の項目 目次 次の項目

 

 

脂肪の蓄積は、身体の外側・見た目を変える他に、

身体の中の 血管にも影響を及ぼします。

 

 

 

 

つまり脂肪蓄積しやすい、脂質の多い食べ物を

食べる頻度が高いと、血液がドロドロになって、

 

 

 

 

血液の流れも鈍り易くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

こうした血液の流れに影響が出始めると、

乳酸・老廃物の排出機能も衰えて、

 

 

 

 

これが筋肉の疲弊からの痛みに繋がります。

 

 

 

つまり、肉体の内部からも痛みが生じるし、

体重が増える事で足腰関節への負担も増えるし、で

 

 

 

お腹や腰周り、身体全体に脂肪が増えてしまうのは、

あまり よろしく無いのです。

 

 

 

 

なので、足腰が痛くて自由に動け無い、と言う場合にも

出来るだけ、食事内容を見直したり、

 

 

 

 

ダイエット用プロテインを飲んでみたり、サプリ

メントで身体の内部からコンディションを

 

 

 

作ろうとする意識が大切に なります。

【本気の3か月セット】業務用 お得サイズ750g 3個セット ダイエット食品プロテインシェイク 置き換え 酵素 青汁 ソイプロテイン 女性のための美容サプリ配合 カタボリック対策

ダイエットを行い、足腰への負担を軽減する

足腰への負担を軽減するには体重や脂肪をコントロールする

目次


1. 日々の疲弊で脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどが生じてしまう

目次 次の項目

 

 

加齢で髄核の水分が減り、衝撃に抗う

クッション力が弱まって、

 

 

 

何らかの衝撃を受けて、線維輪を突き破って

飛び出した髄核が神経を圧迫する事で

 

 

強烈に痛む椎間板ヘルニア

 

 

 

 

他にも背骨を通る神経根を含む脊柱管が狭まり、

神経を圧迫してしまう脊柱管狭窄症

 

 

 

 

その延長線上で歩行時に足腰が辛くなり

歩行が 難しくなる間欠跛行

 

 

 

あるいは、日々の労働などでに集中的に

疲労が蓄積し続けて、筋肉の疲れが抜けずに

 

 

 

乳酸・老廃物が排出されずに痛みが発生し出したり、

 

 

 

 

腰の痛みの原因は 人により様々あり、そして

痛みの強さも 人それぞれ異なりますが、

 

 

 

 

 

悪化してしまうと、朝 目を覚ました時

布団から自力で身体を起こす事も出来なくなって

 

 

 

しまう程の、強烈な痛みに襲われる事もあるので、

常日頃からの部への警戒が必要です。

 

2. 日常の中で腰痛サポーターや杖で腰を守る

前の項目 目次 次の項目

 

 

痛み始めたら、腰痛サポーター

部にズッシリと負担が乗るのを避ける方法が

 

 

 

 

手っ取り早い対策方法ですが、しかしながら、

気を付けたいのは、

 

 

が痛いと運動が行えなくなり、只でさえ

筋力が低下して行く一方なのに、

 

 

 

その筋肉周りをガッシリと締めて固定する

腰痛サポーター、歩行の負担をとは別に

 

 

 

もう1点増やして体重を支える杖

 

 

 

これらの補助アイテムに依存し過ぎてしまうと、

益々 筋力低下に拍車が掛かり、

 

 

 

ふと気付けば、自分でもビックリするぐらい

お腹・腰周りに脂肪が蓄えられてしまいます。

 

3. 足腰が痛むと著しく筋力が落ち、脂肪が蓄積してしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

すると、体重増加により、腰痛サポーター

支えていても 身体の質量が重くなり、

 

 

 

 

更に 筋力も低下しているので、患部(腰部)に

掛かる負担は 増すばかりなのです。

 

 

 

 

が痛むから、サポーターを日常的に装着する。

更に、で支えてサポーターと併用する事で

 

 

負担を軽減する。

 

 

 

↑↑これは、私自身 日々実感しているぐらい

効果的な足腰へのダメージを直接的に

 

 

 

和らげる事が出来る シンプルにして、最高の

保護方法だと思うのですが、

 

 

 

 

一方で筋肉で支える比重が軽くなり、筋力低下、

そして、身体を自由に動かせないから

 

 

脂肪がどんどん蓄えられてしまう。

 

 

 

本来なら筋肉が活発に働き、脂肪をエネルギーにして

燃焼してくれるのですが、

 

 

 

 

筋肉が衰えれば衰える程、お腹・腰周りは膨らみ、

増えた体重分だけに掛かる負担が増大してしまう。

 

 

 

 

という悪循環を繰り返して、日々に強く負荷が

積み重なり続け、ある時とうとう、朝 目を覚ました時に

 

 

 

起き上がれない程、痛みが強くなる訳です。

 

 

 

 

 

布団から身体を起こせ無い となると、日常生活

動作が何もかも行えなくなる為、

 

 

 

ひたすら布団の上で天井を眺めて、痛みがマシに

なるのを待つしかありません。

 

4. 痛くて運動が行えなくても食事を見直してダイエットを行う

前の項目 目次 次の項目

 

 

私の経験上、痛みのピークは少しづつ和らいで行き、

2~3日ほどで、どうにか身体を起こせる様に なります。

 

 

 

 

 

 

そうして少しづつ動かせる様に なったならば、徐々に

足腰ストレッチを行うか、

 

 

 

それが辛いならば、食事内容を見直して、体重や

中性脂肪をコントロールして負担を減らしましょう。

 

 

 

 

体重を減らす事が出来れば、多少なりとも足腰に掛かる

負担も減るので、足腰ダメージを軽減するには

 

 

 

ダイエットも大事な要素です。

 

 

 

なので、お腹周りの脂肪を減らす事を日々の生活の

中で、意識しましょう。

【送料無料 ※メール便発送となります】【healthylifeビューティーソイプロテイン】ソイプロテイン 女性 置き換え ダイエット たんぱく質 ヘルシー 美容 ビタミン 葉酸 満腹 シェイク

腰が激しく痛んだ時には肘掛椅子があると便利

肘掛け椅子で腰痛時にも楽な姿勢を保つ

目次


1. 日々の疲弊により、足腰に痛みが生じる

目次 次の項目

 

 

足腰の痛みは 日々の労働による疲労の蓄積や

年齢による軟骨の擦り減り、

 

 

 

 

それに伴う周囲の筋肉のサポートによる

思い掛けない過度な疲弊による痛みの発症。

 

 

 

 

あるいは骨自体の変形、髄核の水分減少による

クッション性の低下により、

 

 

線維輪を突き破り飛び出す事による神経圧迫。

 

 

 

 

 

この様に疲労や加齢、何らかの原因での変形など、

人により原因や痛みの度合いは様々で、

 

 

 

 

しかも、厄介な事に日によっても、痛みや痺れの強さが

まちまちだったりするので、

 

 

 

周囲の人には中々理解されず、一人だけで足腰の痛みと

向き合わなければならない状況の人も

 

 

 

多いのではないでしょうか?

 

 

2. きちんと適切な治療を行ってくれる病院を調べる事が大事

前の項目 目次 次の項目

 

 

これが職場の人に痛み・苦しみを理解して貰えない、

と言うのならば、最悪 仕事を変えて

 

 

 

 

足腰への負担が少ない職種に転職すれば良いのですが、

日によって痛みの強弱や、

 

 

 

 

痛む部位すらも変わってしまうので、整形外科

専門医にも理解して貰えなかったりします。

 

 

 

 

私の これ迄の経験上、町の小さな病院では

何処が どの様に痛いか、どうして痛むのか?の原因が

 

 

 

 

レントゲンを撮っても特定出来ない場合、問診が

全然進まずに、処方箋を出されて様子を見ましょう、で

 

 

終わる事が殆どで、様子を見ている間にも どんどん

日々のダメージが積み重なって

 

 

 

状態が日毎に悪化して行く一方なので、病院に

行くにしても、今どきは口コミサイトなどで

 

 

事前に病院の評判を調べる事が出来るので、

 

 

 

あっちこっち何か所も探し回る事が無い様に、きちんと

治療をしてくれる病院を見極めておきましょう。

 

 

 

 

痛みを堪えて やっと辿り着いた病院で5分に満たない

問診で 処方箋出されて終わり、

 

 

 

 

と言うだけでは、ただ行き帰りで足腰ダメージ

溜めてしまうだけなので、

 

 

 

予め口コミで見極める事は自身の身体を守る上で

非常に重要です。

 

3. 腰の疲弊や痛みが強くなり出すと、起き上がれ無い程の痛みに襲われる

前の項目 目次 次の項目

 

 

今回は脊柱管狭窄症間欠跛行、あるいは

椎間板ヘルニアの一歩手前などで腰が痺れたり、

 

 

 

寝ても立ってもズキズキ疼痛を感じる、と言った

自力で動け無くなる一歩手前の予兆を感じた時に、

 

 

 

 

どう対策を施すべきか?について書いて

行きたいと思います。

 

 

 

歩いている途中に脊柱起立筋に負担が

どんどん溜まり、その疲労からズキズキと

 

 

痛みに転じると、のみならず 膝、臀部、

脛の辺りまで痺れや筋肉のツッパリを

 

 

感じる事があります。

 

 

 

 

私の経験上、日々痛みや痛む箇所の変動は

あるものの、この腰から足先に掛けての疼痛や

 

 

 

痺れ、違和感を強く感じた時には、翌朝 目を覚ました時に

に強烈な痛みが生じて自力で起き上がれ無い事が多いです。

 

 

 

そうした時には、無理やり起き上がろうとしても、

強烈な痛みにより、起き上がる事が出来無いので、

 

 

 

痛みが落ち着くまでの2~3日ほど安静に布団で

過ごす事が 最善の選択になります。

 

4. しっかりとした作りの椅子で身体を休める

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

 

少し痛みが引いて来たら、少しづつ身体を起こして

杖や手すりなどを使い 歩けるようになるので、

 

 

 

その後は椅子上で過ごすとに過度な負担が掛かるのを

避ける事が出来ます。

 

 

 

 

椅子に座る時に、出来れば頑丈な作りの椅子で、且つ、

しっかりとした作りの肘掛けがあると

 

 

座って居て 楽な姿勢を保ちやすいかな、と思います。

【150時間限定クーポン配布中】家具 ファニチャー イス 肘掛け椅子 肘付き 1P 一人掛け ラタン 撥水生地 クッション アウトドア ガーデニング 屋外 ガーデン 庭 ベランダ テラス ウッドデッキ プールサイド 室内 リビング ダイニング カフェ アジアン エクステリア/

足腰の痛み対策として車椅子を使用する

足腰の痛み対策/車椅子を日常で使用する

目次


1. 日々の筋肉の疲弊から強い痛みが生じ始める

目次 次の項目

 

に違和感や痛みを感じる原因というと、

荷物の運搬や建設現場での肉体労働、

 

 

 

 

 

それから毎日のジョギングやスポーツなどでの

疲労の蓄積で痛む事が多いかと思いますが、

 

 

 

痛み始めてしまうと当然ながら、痛む箇所に

負担が掛かるのを避けながら

 

 

 

 

日常を送る様になってしまうので、身体のバランス

少しづつ崩れ始めるし、痛む箇所の筋肉も

 

 

どんどん衰えて行きます。

 

 

 

筋肉が衰えると言う事は、身体を支える力が

必然的に弱まり、

 

 

 

その他の部位に負担が大きく掛かるという事です。

 

 

 

 

すると、厄介な事に 思いがけず通常以上の負荷が

日常的に掛かり続けた

 

 

 

その他の部位はどんどん疲弊してしまい、

筋肉に乳酸が溜まり、筋肉が収縮した状態が続いて

 

 

 

 

血流の鈍りから、酸素が充分に送り込めなくなる事で

筋肉に痛みが生じてしまいます。

 

2. 痛みを感じたら整形外科やペインクリニックを受診する

前の項目 目次 次の項目

 

 

1箇所痛んだら その箇所を庇い、別の部位に負担が

過剰に掛かり、やがて その部位も痛めてしまい・・・・

 

 

 

と悪循環が連鎖してしまうので、足腰の痛みの場合は

特に早めの対処が重要です。

 

 

 

まず大事なのは、痛みや違和感を感じたら整形外科

ペインクリニックを受診し、

 

 

 

その時点での自身の身体の状態を 知る事が大事です。

 

 

 

 

例えば、骨が変形しているとか、骨と骨の間の髄核が

飛び出て、神経を圧迫しているとかだと、

 

 

 

自身では どうしようも無いので、医師の治療方針に

委ねるしか無いのですが、

 

 

 

骨の変形とは違う痛みの原因、例えば 神経の痛みなどの

場合には、日常生活の中で痛み対策を行い、

 

 

痛みを溜めない事が悪化を防ぐ為に大切になります。

 

3. 足腰に痛みを溜め無い対策

前の項目 目次 次の項目

 

 

対策の一つが関節サポーターを使い、足腰に掛かる

負担を減らす事。

 

 

 

 

しかしながら、それだけでは 少しづつ積もり積もる

ダメージがジワジワと強い痛みへと変化してしまうので、

 

 

一日の終わりにアフターケアとして、マッサージ

ストレッチを行う事が大切です。

 

 

 

 

しかし、そうした対策をしていても 時が経つごとに

足腰へのダメージはジワジワと溜まって行き、

 

 

 

 

日常生活に大きな支障を来し、歩行も難しい

状態にまで なってしまいます。

 

 

 

1歩1歩足を踏み出すごとに、強い痛みが走り、

杖で支えて居ようと、もう歩け無い。

 

 

 

という時が訪れたら、無理して歩こうとせずに、

それ以上 痛みが悪化してしまうのを避ける為に、

 

 

車椅子を使用する、と言う事を検討してみると

良いと思います。

 

 

 

 

車椅子を使用したからと言って、脚の痛みが

全くのゼロになる訳では 無いのですが、

 

 

歩け無い状態にまでなってしまうと、車椅子を使用する、

というのは自然な選択かと思います。

 

 

 

 

4. 日常生活に車椅子を取り入れた時に大変な点

前の項目 目次 次の項目

 

日常生活で いきなり車椅子を使用しようと思っても、

上半身のみ(基本的に動かすのは肩から先の腕だけ)

 

 

 

なので、今までは気づかなかった様な、ちょっとした

地面の歪みなどに馴れる為に、

 

 

 

少し練習する事が必要になります。

 

 

 

かなり平坦な路面で、ひと漕ぎした時に 進む距離は

大体10僉20儖未覆里任垢、

 

 

 

 

微妙な歪みのある地面では、ひと漕ぎが凄く重くなりますし、

10僉20竸覆爐里眸鷯錣紡臺僂併廚い鬚靴泙后

 

 

 

 

なので、最初の内は上半身のみで身体動かす、と言う事を

練習して慣れることが大切だと思います。

 

 

 

あとは路面の状況によっては、ガタガタが激しかったり

するので、そういった振動にも慣れると

 

後々、動きやすくなると思います。

車椅子 軽量 折り畳み【Care-Tec Japan/ケアテックジャパン コンフォート CAH-50SU】自走介助兼用 車いす 車イス 跳ね上げ式 スイングアウト アルミ製 送料無料|介助用 介護用品 軽量車椅子 折りたたみ 病院 おしゃれ 福祉用具

日常生活で腰への負担を小さく留めるには

日常生活で腰への負担を軽減するアイテム

目次


1. 日々の疲弊から身体全体が重苦しくなる

目次 次の項目

 

 

過酷な労働、様々な用事などで忙しなく

動き続ける日々を送る中で、

 

 

 

 

 

充分な休息が取れて居ないと身体に疲労が

積もりに積もり、身体全体の怠さ、

 

 

 

重苦しさが現れ始めます。

 

 

 

 

 

この段階で筋肉の疲労により 内部で乳酸

老廃物の排出が滞り、

 

 

 

 

や脚など日々体重を受けて疲弊しやすい

筋肉に痛みが生じ始めます。

 

 

 

 

痛みが出始めた部位は それまでの『通常の

バランス』では歩けなくなってしまう為、

 

 

 

右に痛みが出たら左に、左に痛みが出たら

右に重心を傾けながら歩く様になり

 

 

 

数日間〜数週間 そのどちらかに偏った

バランスのまま 過ごしている内に

 

 

 

元々痛めて居た部位だけでは無く、重心を

多めに傾けていた側にも

 

 

 

 

過度な負担が掛かり続けている為、筋肉の疲労、

あるいは身体全体のバランスの崩れから

 

 

 

あちこちに痛みが広がってしまう様に なります。

 

 

2. 脚腰に痛みを感じたら、まずは整形外科へ

前の項目 目次 次の項目

 

 

や脚の痛みと言うのは、常に体重により

負荷が掛かってしまうので、

 

 

 

 

痛みや違和感を感じたら、まずは速やかに

整形外科に行き、自身の現在の状態を

 

 

知る事が大切です。

 

 

 

足腰の痛みと言うのは、先ほど書いた様に

毎日体重を支え続けて負荷を受け止め続けているので、

 

 

 

週1〜2回通院して居るだけでは 恐らく、病院での

治療よりも通院と通院の合間の日常で受ける

 

 

 

ダメージの方が上回ると思います。

 

 

3. どんなに気を付けても日常生活で足腰にダメージが溜まってしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

なので、ただ通院を重ねるだけでなく、

日常生活においても関節サポーター

 

 

 

 

を日常的に使用して、室内では手すりを使用して

歩むなどの対策を施す事で

 

 

 

日々のダメージを多少和らげられ、病院での治療の

成果も出やすいと思います。

 

 

 

ここからが本題なのですが、そうして日々痛みを

和らげようと様々な対策を施してみても、

 

 

 

 

 

少しづつ少しづつ、日々ダメージ足腰

蓄積して行きます。

 

 

 

 

色々な対策を施しても『これで完璧』と言うのは

恐らく感じる事は出来無いと思います。

 

 

 

 

1歩1歩足を踏み出す以上、や脚に体重が

どうしても乗ってしまうので、

 

 

 

 

毎日ジワジワと、ダメージが溜まり続けてしまいます。

 

 

 

また、歩くのみならず、座り姿勢自体が負担に

なる事も あります。

 

 

 

 

つまり、日常生活に おいて、意識するべきは

骨盤の角度です。

 

 

4. 日常生活で意識したい腰の角度

前の項目 目次 次の項目

 

 

反りすぎてもに負担が掛かりますし、骨盤や

肩の位置よりも首・頭が前に出ている姿勢(猫背)が

 

 

 

長引くと、それを支えるに負担の割合が非常に

大きな物と なってしまいます。

 

 

 

 

 

今の時代、骨盤に とって楽な角度を保つ為の専用

クッションという物が ありますし、

 

 

 

 

座り姿勢が辛い時には、体圧分散マットレス

電動ベッドの上で横になって安静に過ごす、

 

 

 

と言う方法も 腰に負担少なく過ごすには

良い方法です。

 

 

 

なので、自身の状態を冷静に見てみて、最も

負担を軽減出来そうだな。と思う物を

 

 

 

日常生活に取り入れて腰を守って下さいね。

 

 

股関節が痛む時は可動域を狭めて歩む

股関節が痛む時は可動域に気を付ける

目次


1. 日々の疲弊が足腰の痛みを招く

目次 次の項目

 

 

忙しい毎日を過ごしていると、身体全体に

疲労が蓄積し、身体の重さや身体の怠さに

 

 

繋がってしまいます。

 

 

 

 

それでも 尚も忙しい日々を過ごし続けていると、

重さ怠さだけでは無く、

 

 

 

 

疲弊感は 足腰関節部位に鋭い痛みへと変貌を遂げ、

現れ始めてしまいます。

 

 

 

 

そうなってしまうと、仕事は勿論のこと、日常生活

送る上でも 非常に大きな負担に なってしまいます。

 

 

 

 

 

足腰痛みと言うのは、重さが約5kgも ある

頭部を支える 首から 緩やかなS字カーブを描く

 

 

 

背骨へと伝わり、歩行時や日常での負担・衝撃を

骨盤・仙骨まで受け流し、

 

 

 

 

そして、股関節から両脚へと分散して、日々大きな

負担を感じる事無く、

 

 

 

 

 

日常生活を送る事が出来ているのですが、

足腰関節部位の何処か1部位を痛めてしまうと、

 

 

 

 

その衝撃・負担を受け流す関節の連動機能が

妨げられてしまい、

 

 

 

 

痛めた箇所に どんどん負担・痛みが蓄積してしまいます。

 

 

2. 1箇所痛むと、庇う内にあちこち痛めてしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

その後は 痛む箇所を庇いながら生活して行く中で、

数日間〜数週間も その様な状態で過ごすと

 

 

 

一方を庇うあまり、もう片側にも疲労・負担が

積み重なってしまい、

 

 

 

 

やがて元々痛みが無くて健康だった側の足にも

強い痛みが 生じてしまう様になり、

 

 

 

 

 

その箇所を庇う事に より、別の部位に痛みが

散らばって行き、それを繰り返して行く事で

 

 

 

 

結果的に足全体に 痛みが拡散されてしまうのです。

 

 

 

 

 

そうなってしまうと 足腰関節部位ごとの関節

サポーターや、を日常的に使用し 、

 

 

 

 

少しでも負担の少ない毎日を過ごそうと、色々な

補助アイテムを試して、自身に合う 補助アイテム

 

 

 

探す様に なるかと思います。

 

 

3. 足腰の痛みには腰痛サポーターと杖の併用が効果的

前の項目 目次 次の項目

 

 

私なりの経験談ですが、足首や膝関節サポーター

だけでも、充分に足への負担を和らげる事が

 

 

 

出来るのですが、それに加えて腰痛サポーター

も 日常的に使えば、かなり歩行時の

 

 

負担・衝撃は緩和できます。

 

 

 

 

しかしながら、腰や膝関節を守る事は そうした

対策で ある程度 出来ても、意外と日常生活の中で

 

 

 

 

 

負担が生じているのが、股関節なのですが、腰と膝を

守って居ても、股関節へのダメージを

 

 

 

 

減らせる訳では無いので、股関節への負担対策は

別で行わなくては なりません。

 

 

 

 

 

股関節サポーターをガッシリと装着するのも

良いのですが、

 

 

 

 

股関節は、一歩一歩 足を踏み出す度に どうしても

前後に可動してしまう部位で ありますから、

 

 

 

 

 

 

股関節サポーターという専用アイテムを使用しても

なかなか負担を軽減させることは難しいです。

 

 

 

4. 股関節サポーターを装着した上で歩幅を狭めて歩く

前の項目 目次 次の項目

 

 

そこで、股関節サポーターを装着した上で、更なる

対策として、歩幅を敢えて狭めると言う 方法があります。

 

 

 

 

右足を踏み出した時には左足との間隔が開くので、

その分だけ、次は左足を大きく踏み出す事に なります。

 

 

 

 

そうする事で、通常の痛みを抱えて居ない脚の場合、

歩行速度の調整や、歩幅を微調整出来ているのですが、

 

 

 

 

痛む足の場合は、歩幅に気を使わなくては なりません。

 

 

 

踏み出した前足よりも大きく踏み出すのを避けた方が

股関節の可動範囲は小さくなるので、

 

 

 

 

両脚が平行になる位から少し踏み出した程度に留めながら

歩くと、可動域を狭く保ったまま歩む事が出来ます。

 

 

 

可動域を狭く保つことで、股関節への負担を小さく

留める事が出来るのですが、

 

 

 

狭い可動範囲で少しづつ歩む、と言う事は、その分

立っている時間、歩いて居る時間が長くなる、

 

 

 

と言う事でも あるので、これは あくまで、腰や

膝関節よりもの方が痛む場合に限定して

 

 

 

歩く様に しましょう。

 

 

 

 

 

 

腰や膝、股関節の状態が いよいよ何して痛くて歩け無い、

と言う 私と同じ状態になったら車椅子日常生活

 

 

 

送る事になってしまうので、悪化する前に日々の対策を

しっかりと行いましょうね。

杖2本で痛む腰を支える事で著しい悪化を防げる

杖2本で痛む腰を支える

目次


1. 日々の負担が足腰の痛みへと繋がる

目次 次の項目

 

 

日々の生活の中で 足腰ストレスが掛かったり、

仕事で連日忙しく、碌に身体を休める暇も無い。

 

 

 

と言う生活が続くと、身体全体の疲労から

足腰関節部位に痛みが発生し、

 

 

 

やがて日常生活にも支障を来してしまいます。

 

 

 

 

日々の過労が たたり、関節が痛むパターンの他に、

加齢により 骨と骨との繋ぎ目にある

 

 

 

 

軟骨が擦り減っていき、痛みが生じるパターンも

あるので、

 

 

 

痛みが発生した後の対処は、それぞれに応じた

適切な処置をしてもらう為に、

 

 

 

速やかに整形外科に通院する事を

おすすめします。

 

 

 

2. 痛みを感じたら直ぐに整形外科に行き、状態を知る

前の項目 目次 次の項目

 

 

疲労により、足裏の踵周辺が痛む足底筋膜炎

場合や、が強烈に痛めば、椎間板ヘルニア

 

 

 

 

椎間板が潰れて いたりする可能性が あるので、

 

 

 

 

専門医にレントゲンやMRIを撮ってもらい正確に

今の身体の状態を診断してもらいましょう。

 

 

 

 

それぞれの治療・リハビリの流れとしては

超音波を充てたり、

 

 

 

 

振動する機械に脚を乗せて血流を促したり、

レーザー治療、そしての牽引やマッサージ

 

 

 

 

 

様々な処置を施してみても、効果を感じない場合は

ブロック注射を打ったりなど、

 

 

 

 

 

 

 

自身の身体の状態により適した対処法を施して

貰えるのですが、

 

 

 

 

ただ病院で治療を受けているだけでは、なかなか

状態は 良くなりません。

 

 

 

 

と言うのも、治療・リハビリに掛かる時間は

2か所〜3か所程度の治療部位だと、

 

 

 

 

 

長くても20分〜30分位で終わってしまうので、

 

 

 

 

それ以外の日常生活の中で、如何に足腰への

負担を少なく過ごすか、が大切になります。

 

 

 

 

 

日常生活の中で、負担を和らげる事を考えた時に

各部位ごとの関節サポーターを使用したり、

 

 

 

 

家では温熱治療器で痛む患部を温めたり、

就寝時には体圧分散マットレス

 

 

 

ストレス少なく過ごす事が、私の経験上、

万全な流れだと思います。

 

 

3. 日常生活でサポーターや杖を使い、ダメージを防ぐ

前の項目 目次 次の項目

 

 

そうした数ある対処法の中で、直接的に身体を

支えてくれるを 日常的に使う事で、

 

 

足腰への負担を だいぶ和らげる事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

杖は日常生活の中で、とても使いやすい

補助アイテムですが、

 

 

 

 

杖は1本のみの使用だと、どうしても身体の

重心バランスが傾いてしまうのが難点です。

 

 

 

 

右手で杖を握る事が多ければ、右側に体重を預ける時間が

長くなり、崩れた重心で負担が多く掛かる右側の股関節や、

 

 

 

の痛みは日に日に増して行きます。

 

 

 

 

勿論、左に握った場合は、そのまま左側も 同様の痛みを

抱えてしまう様に なります。

 

 

 

 

私の場合、こうした重心バランスの崩れから、足腰の

状態が益々悪化してしまったので、

 

 

 

 

如何に身体のバランスを崩さずに過ごすか?と言う事の

大切さに気づきました。

 

 

 

 

 

なので、それからは杖2本で歩くと言う対策を施す様に

なったのですが、その対策の おかげで

 

 

 

 

重心バランスの崩れによる、状態の悪化の進行速度を

和らげる事に成功しました。

 

4. 杖2本で身体を支えて重心バランスを保つ

前の項目 目次 次の項目

 

 

とは言え、既に痛みが強く出ていた足腰ダメージ

軽減する事は出来ても、ゼロにする事は出来無いので、

 

 

 

 

結局ジワジワと悪化して行ってしまいましたが、

早い段階で杖2本使用し、

 

 

 

 

身体のバランスに気を付けていれば、ここまでの

悪化は防げたと思うので、

 

 

 

腰が強く痛み出したら、『杖2本で身体を支える』

と言う事を重視してみて下さいね。

【送料無料】愛杖太杖 伸縮式ステッキ E-65 ブラウン|生活用品 生活雑貨・介護 介護用品 歩行関連 生活用品 健康・ビューティー・ヘルスケア 医療衛生用品 健康器具