身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
腹痛 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

腹痛時に神頼みするよりも冷える お腹を温熱ベルトで温める

ツラい腹痛時には神に頼むより温熱ベルトで腹部を温める

 

お腹の痛みは発生し出したらトイレに篭りっきりになり、先が見えない程

ツラく苦しい思いを味わいます。

 

 

信心深い人も そうで無い人も、この時ばかりは神頼みして『痛みを取り

去ってください!』と神に縋(すが)りたくなります。

 

 

何回も激しい痛みの波が襲って来るので、一旦 落ち着いたら 痛み止め薬を

飲んで またトイレに駆け込む、と言うのを繰り返せば誰もが憔悴して

 

グッタリと してしまいます。

 

 

マジックテープ式温熱治療器だから動いてもズレずに温められる

 

お腹が激しく痛むと神頼みして、腹痛が治まる様に神に縋りたくなる

 

お腹を両手で抱きかかえ、掌で温めたいけれど・・・・

 

お腹を さすりたいけれど、余計な刺激を与えてしまうと痛みが増してしまうのが

怖いですし、でもトイレに篭りっきりで身体も冷えて来ているのが分かるから

 

せめて お腹だけは そっと手を添えて手の温もりで温めよう。

 

 

 

と、腹痛時の痛みを 少しでも和らげよう。と すると、自然と痛み止め薬を飲んで、

その上で手を添えて お腹を温めようとすると思います。

 

 

手を添える他には 人によっては腹巻きを装着するなど・・。

 

 

お腹を温める事で血液の流れをスムーズにし、それに伴い内蔵の働きも良くなり

腹痛を和らげてくれます。

 

 

なので、トイレに篭って ある程度落ち着いたら痛み止め薬を飲んで腹巻きなどで

お腹を温める事で神頼みするよりも 分かり易く腹痛を緩和する効果を感じられると

 

思います。

 

 

便秘でツラいお腹の悩み解消/腸内環境を整えてスッキリ綺麗に

 

 

腹巻よりも直接的にお腹を温めてくれるアイテム

 

更に『腹巻き』よりも温め効果が顕著なのは温熱効果により、直接お腹を温める

専用の温熱ベルトです。

 

 

こちらは夏場は暑くて頻繁に装着すると言うのは なかなか難しいですが、夏でも

お腹の痛みが強い時だけは装着してみると ある程度 状態が落ち着くので

 

そうした状態の時に少しの間だけ暑さを我慢して活用してみる事を お勧めします。

 

 

また慢性的に お腹が緩く、毎日の様に下痢が続くと言う場合(過敏性腸炎など)

夏場は常時装着しておくのは暑くて無理だとしても、秋から冬・春先に掛けては

 

ジンワリと お腹を温めてくれるので、夏以外の季節には大いに活躍してくれます。


 

寒くなって来ると足や手・頭や腰・首筋と身体のあちこちが冷えてしまい、

それだけで体調を崩してしまったりします。

 

 

特に季節の変わり目と言うのは寒暖差が激しく、体温調整が難しくて、身体が

ついて行けなくなり、発熱や腹痛が起こりやすい状況です。

 

 

まして、足腰を悪くして杖を使って歩行していたり、車椅子に乗っている時は

『外出中に急いでトイレに駆け込む』と言う事も出来無いですし、車椅子の

 

場合は常時 路面の振動でガタガタと揺さぶられ続けるので 尚更 腹痛や体調の

崩れには気を付けたいですね。

 

 

車椅子移動中に急激に腹痛に襲われた時は地獄の苦しみ

 

 

なので、暑い日・寒い日と その日の気候次第で体調が左右されすぎない様に

備えて置くのが大切です。

 

 

その備え、と言うのは食事面だったり、部屋の温度を調節できるクーラーや

ヒーター、そして身体に身に着ける温めアイテムの存在ですね。

 

 

お腹を冷えから守り、温めて いつでも対策出来る備えがあると心強い物です。

 

 

お腹のみならず腰や頭、脚なども温めてくれる万能性

この温熱ベルトの他とは違う構造と言えば『電源を入れてジワジワと温める』

と言う通常の温熱ベルトタイプでは無い事が挙げられます。

 

 

簡単に言えば『湯たんぽ』を お腹に巻き付けるイメージなので、バッテリーも

コードも必要ありません。

 

必要なのは、お湯だけです。

 

 

なので、充電切れの心配も不要ですし、コードに繋がれていないので自由に

移動する事も出来ます。

 

お腹温めベルトがあると腹痛時も安心できる

 

ウエットスーツ素材だから火傷の心配なく安心

 

『お湯を注いで温かさ感じる』と言うのは従来の湯たんぽと同じですが、少しだけ

異なる点と言えば、お湯を注いで肌に直接つける部分がウエットスーツ素材で

 

作られている点です。

 

 

その素材故に お湯を注いで腰・お腹周りに巻いても火傷の心配をする必要が

無いのです。

 

 

こうしたアイテムが家に1つあるだけで腰痛や腹痛に対する心強さも まるで

違います。

 

 

いつ襲って来るか 測できない腹痛ですが、時々充電して備えておけば安心ですね。

 

 

腹痛や腰痛で苦しくない時には特に必要の無い お腹周り・腰周り温めアイテムですが、

いざ お腹を痛めた時に お腹温めアイテムが手元にあると、ツラい状況に即対応

 

出来ます。

 

 

慢性的に下痢などに悩む方には不可欠な お腹温めアイテム

 

普段は生活に要らないアイテムでも、過敏性腸炎などで お腹が慢性的に緩い方に

とっては、1度でも使ったら生活に無くては ならないアイテムに なります。

 

 

私自身、お腹が緩くて強烈に痛んだ時には手を添える位の対策しか出来なかったのに、

この温熱ベルト1つあるだけで、大きな助けに なりました。

 

 

【腰用の温熱ベルトがあると腰のみならず、お腹が痛む時も

優しく温められる/腹痛時にお腹をジンワリと温めるのにも最適↓↓】