身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
肩関節痛 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

肩関節の痛みの原因と対策を知り日常を楽にする

肩関節の痛みの原因を知る

 

身体の疲労により、腰部に少しづつ

痛みが生じ始め、

 

 

 

やがて それが、激しい痛みとして

各関節部位に 現れてしまいます。

 

 

 

 

例えば、足腰の場合には 1歩1歩の歩行時に

衝撃が 少しづつ積み重なり、

 

 

 

股関節膝関節足首足底

疲弊した分だけ 痛みが強く現れる。

 

 

 

 

これらに 対処するには、痛みを感じた初期段階で

速やかに 整形外科やペインクリニックを受診して、

 

 

 

その後、数か月間〜数年単位の 通院と

日常の中で 関節部位への衝撃・負担を和らげる為に

 

 

 

 

腰サポーター股関節サポーター膝サポーター

足首サポーターなどの 関節保護アイテム

 

 

 

 

日常的に活用し、如何にして 日々の負担の

蓄積を 避けるか、と言うのを考える必要があります。

 

 

 

 

それでも尚、痛みが強い場合は、杖を使用して

両足に もう一点、支えを加える事で、

 

 

 

両脚と 杖との3点で 地面を支える様にし、

負担を 軽減させてください。

 

 

 

 

 

地面との 接地点を増やす事で、足腰への 負担を

かなり 軽減できるので 杖と関節サポーターの併用は

 

 

 

お勧めの 関節痛対策法です。


軽く考えてしまいがちな肩の痛み

足腰へは どうやっても、負担が乗っかり、

歩行する度に 痛みが生じてどうしようも無い。

 

 

この痛みを取り除きたいけれど、何をするべきか

分からない。

 

 

 

 

と、少しネガティブな考えに 行き着きやすい

のですが、

 

 

足腰は こうして日常で どうしても痛みが生じるから

対策を施そうと、意識が行きやすい分、完治への道も

 

 

見えて来ます。

 

 

 

 

問題は、上半身の関節部位の痛みです。

 

 

 

 

 

それも、肩関節だと 厄介で、ちょっと痛むから

極力 使わない様に しよう。

 

 

 

 

と、意識すれば、使わなくても 日々過ごせてしまうので、

痛みへの 対処を、軽視しがちに なってしまいます。

 

 

 

しかし、関節部位へ 生じた疲弊から 来る痛み、

と言うのは 放っておいて 後回しにして

 

 

 

自然の治癒力で 治る様な物では ありません。

 

 

 

 

例えば、肩の痛みの 原因の一つである 五十肩。

 

 

 

 

 

これは、肩関節に 炎症が起きて、肩関節の

可動域に 制限が生じる症状ですが、

 

 

 

 

五十肩の進行には、3段階あり、 痛みが強く

出始める急性期。

 

 

 

炎症が治まり始めるけれど、関節可動域に

よっては、まだ痛む慢性期。

 

 

 

 

そして、この間に リハビリを行い続けて、

回復に向かう 回復期、とあるのですが、

 

 

 

急性期と言うのは、大体2週間ほどの

期間に 痛みが強く現れるので、

 

 

 

この間は どうにかしなきゃ。と、焦るのですが、

 

 

 

 

やがて、炎症が治まり始め、以降の慢性期に入ると

可動域に制限は あるものの、

 

 

急性期ほど、痛みは強くないので、

 

 

 

油断してしまい易い時期で、この時こそ

真剣に リハビリに 取り組む必要があります。

 

軽い違和感でも無視しない

 

 

そして、回復に向かい始めて、痛みが見事に

無くなれば良いのですが、

 

 

痛みが強い場合には、リハビリだけで無く、 

手術を しなければならない場合も ある為、

 

 

 

 

そこまでの 悪化を避ける為に、早めに病院へ行き、

真剣にリハビリに 取り組む事が 最善の判断になります。

 

 

 

 

そして、もう一つの肩関節の 痛みの原因は、

腱板損傷や、腱板断裂による 痛みの発生です。

 

 

送料無料 固定 保護 肩サポーター 右肩 左肩 男女 兼用 スポーツ あたため 肩こり 四十肩 サポーター 肩関節サポーター スポーツサポーター

 

 

 

腱板損傷や 腱板断裂と聞くと、何だか五十肩よりも

響きが怖い為、ゾッとしてしまいますが、

 

 

 

しかし、目に見える明らかな外傷は

無かったりするので、

 

 

 

 

本人の自覚症状による 所が大きいので、

やはり、軽視してしまいがちです。

 

 

 

 

しかし、関節の痛みと言うのは、放って置くと

治るどころか、症状が悪化して

 

 

 

どんどん痛みが強くなり、自分だけで対処しきれる

ものでは無くなってしまうので、

 

 

 

こちらも 初期段階での 通院が大切です。

 

 

 

 

腱板を損傷すると、肩を挙げるのに 痛みが生じたり、

肩関節の 痛みにより、力が入らなかったり、と

 

 

 

症状が進行すると、非常に厄介ですので、

通院しつつ、 日常に おいて、肩サポーターで

 

 

 

しっかりと 保護する事が大切です。

 

 

弾力性のある素材で、しっかり肩周りを覆い、

負担を和らげてくれるので、

 

 

肩の痛みで 悩んでいる方には 大きな助けになります。

 

 

日々、こういった保護アイテムで 負担を和らげつつ、

一息ついた 休息時間には、

 

 

自宅で行える 遠赤外線治療器で痛む患部を温めて

血流を促すのも 効果的です。

 

こういった保護アイテムを 有効に活用し、

1日でも早い回復を 目指してくださいね。