身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
肩・首周りの痛み | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

背中や肩甲骨付近が かゆい時にも助かる孫の手セット

背中や肩甲骨の間がかゆい時にも助かる孫の手セット

春夏冬 季節関係なく突如として襲ってくる背中のかゆみ。

 

しかし、普段 背中側に 手を回すことなど滅多に無いので、

 

肩関節が硬く 手が届かず。

 

 

おまけに、こりや 首の張りが ある人は尚更、かゆい箇所

までの 距離が遠く感じる筈です。

 

 

背中右側、左側と、どうにか近いところを掻けたから

少しスッキリ。

 

 

しかし、一番かゆい箇所が 肩甲骨の間だったりしたら、もう

お手上げ状態に なってしまいます。

 

肩の痛みを和らげるには妙な負担を

掛けない様にする事

 

ことわざ『かゆい所に手が届く』

 

そういった場合、壁に擦り付けて掻くか、ご家族が居れば

頼んで掻いて貰うしかない。

 

しかし、昔から一人でも 背中のかゆみに抗う術は

ありますよね。

 

 

届かない箇所にも 手が届く事を 表わしたことわざ『痒い所に

手が届く』の通り、痒くて どうにかしたいけれど

 

どうにも ならない状況を 打破してくれる、昔ながらの便利な

アイテム『孫の手』

 

 

ふと、孫の手が いつの時代から作られ、使用されているのか?と

調べたら 人類が背中のかゆみを感じるのは 遥か昔から共通した

 

感覚で、当時は木の棒などで掻いていたで あろうから、いつから

と推測するのは難しく、当時は お風呂に頻繁に入って、衣服も

 

毎日着替えて 清潔を保っていた。

 

と、言う状況では 無かったであろうから 寧ろ、現代より

使用頻度が高そうですね。

37度〜39度ほどの ぬるめの お湯で入浴し、

血流を促進する

 

現代程、清潔では無かったであろう17〜18

世紀にも、需要があった孫の手

 

西洋では17世紀〜18世紀の上流階級の間で象牙や

貴金属の装飾を施したものが流行っており、

 

から孫の手を ぶら下げていたそうです。

 

 

時代は進んで、衣服は毎日清潔なものに着替え、お風呂にも

頻繁に入って 当時より身体も環境も 綺麗な筈の現代に

 

おいても、やはり背中のかゆみに対する悩みは尽きません。

 

 

いざという時、家に1本でも孫の手があれば、痒みを感じた

タイミングで 直ぐに掻けるので助かりますよね。

 

ギフト箱入り 甚平 父の日 お誕生日 ギフト 送料無料 じんべい + 孫の手

メンズ用抗菌 消臭加工 しじら織 絣格子 【数量限定ポッキリギフト】メンズ

肩関節の痛みの原因と対策を知り日常を楽にする

 

家に1本孫の手があるだけで非常に助かる

 

例え、それが背中の上部でも 中部でも、あるいは右側でも

左側でも。

 

よほど関節の柔らかい人で無い限り、素手では届かなさそうな

肩甲骨の間でも。

 

 

背中の かゆみは、人類共通の悩み みたいで、海外でも それぞれの

国ごとの 孫の手が あるそうです。

 

 

面白いもので、背中を掻くアイテムで ありますから、海外の

国でも目的を効率化する際の 発想は同じで、棒の先端が

 

手の形をしているのだそうです。

 

 

確かに、孫の手を所有してない時に どうにか背中を掻きたくて、

棒状の物を探して、何とか掻いてみたけれど何だかイマイチ

 

掻ききれないな~、と感じた事が あります。

 

 

孫の手を入手した際に先端が内向きに折り曲げられ、手の形で

面積広く掻いた方が しっかり痒い箇所を掻けますよね。

 

世界各国で同じ発想に行き着いた

 

世界の国々で、同じ発想に 行き着いたのが面白いですね。

 

 

サイズも様々で、30cm〜60cmと 幅が広めで、ご自身の身体に

適したものを手にすれば、突如として背中のかゆみに襲われても

 

焦らずに ぼりぼり掻く事が 出来ます。

 

 

つまり、日常生活を送って行く中で、いつ痒くなるかも分からない

背中は 痒くなってからでは遅く、予め1本でも所持し備えて置くと

 

背中の痒み恐れるに 足らず、という事です。

 

 

こちらは、甚兵衛がメインで販売されて居ながら尚且つ、孫の手まで

セットになったプレゼントにピッタリな お得セット。

 

もし、孫の手を お探しでしたら、こういう お得なセットも ある事を

頭の片隅にでも入れて置いて下さいね。

 

肩甲骨や深層筋を刺激する背中専用マッサージ器