身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
腰痛 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

四層構造体圧分散マットレスで腰痛などの寝苦しさを解消する

腰痛による寝苦しさを体圧分散マットレスで和らげる

 

腰痛や肩周り、足や首などが痛むと何かと寝苦しさを感じてグッスリ

眠れなかったり、あるいは寝るまでに腰が落ち着く位置が なかなか

 

見つけられずに、仰向けから うつ伏せ・横向きに なったり等、寝姿勢を

しょっちゅう変えて、丁度良いポジションを ようやく見つけられてから

 

眠りに就く。と言った 一連の流れが毎晩のように続くと大きなストレスに

なります。

 

 

ドーム型枕でグッスリとリラックスして毎日快適に眠る

 

 

自身の身体に合うマットレスを見つける事が大事

 

それは、恐らく布団やマットレスの硬さ・柔らかさの問題であり、自身の

身体に合った敷布団・マットレスで寝る事によって就寝時の腰などへの

 

負担も軽くなり、痛みも和らげられると思います。

 

 

すんなりと寝る為に大切なのは横になった体勢でマットレスが沈み過ぎない

硬さのマットレスを選ぶ事が重要です。

 

 

つまり、敷布団・マットレスが柔らかいと 寝ている間に徐々に沈んでしまい、

腰や お尻の部分が緩く沈むことで、そこに負担が集中してしまい、結果として

 

寝苦しさに繋がったりなど。

 

 

腰痛時に役立つサブスクリプション制のマットレス/快適睡眠

 

敷布団が身体に合わないと就寝時間中、腰に負担が掛かり続けてしまう

 

沈んで一点に荷重が掛かった状態で居続けると痛みが強くなる

 

朝起きた時に腰を中心とした身体の疲れなどが生じてしまいます。

 

 

なので、体圧分散マットレスと言うのが寝苦しい日々から身体の疲れを取り去り、

腰などの痛みを和らげてくれるので、心地良く眠る為には重要なアイテムなのです。

 

 

 

 

四層構造で厚さ24cmと言う作りに なっており、1層目がウレタンフォームを使用

した低反発と高反発の長所を併せ持った『優反発』により、柔らかさと弾力性を

 

兼ね備えた抜群の寝心地に なります。

 

 

心地良く眠る為には 適切な寝具と寝返りが大切

 

 

マットレスが沈まない事で遥かに快適な寝心地に

 

マットレスが沈んで体重が その箇所1点に集中しないで分散してくれるので、身体に

ストレスも掛かりません。

 

 

2層目が波型ウレタンフォームで波型を描いて加工されている為、体圧分散が可能に

なり、程よい寝心地を得られる構造で通気性にも優れている為、汗を掻いた時にも

 

安心です。

 

 

暑さでグッタリしてしまう夏の就寝時にピッタリな爽快ジェルマット

 

 

3層目はポケットコイルで構成されている為、これもまた体圧分散に大きな効果を発揮

してくれます。

 

 

そして4層目は高反発ウレタンフォームで しっかり下から支えてくれて、腰が沈まずに

しっくりくる寝姿勢を保てます。

 

 

マンチェスター・ユナイテッド公式マットレス&ピローパートナー「エムリリー」の新作

【エムリリーハイブリッドマットレス】

 

 

この四層構造で1点に集中させずに負荷を逃がしてくれるので、快適な眠りに就ける。

と言う訳です。

 

 

足・腰・肩・首と言うのは痛み出すと日中、起きている時は勿論、1日を終えて眠る時

にも痛みが気になり、寝つけない日々が続いてしまいます。

 

 

日中は関節サポーターや杖などの歩行補助アイテムで痛みや衝撃は ある程度 防げたり

和らげる事が出来ますが、それらは寝る時までは装着していられないので、

 

 

装着を外して身体が解放されてリラックスした状態でいる時にこそ、負担を和らげる

工夫が大切ですね。

 

 

腰が痛い時の寝姿勢と身体への負担

1日の3分の1ほどを占める睡眠時間だからこそ快適に眠れる寝具を

 

1日24時間の内、人により異なりますが 大体8時間前後寝るとしたら その間に出来るだけ

疲労を取り去り朝起きた時にスッキリしたいと思います。

 

 

その為にも 中々寝つけずに悩んでいたりイマイチしっくりこない敷布団やマットレスを

普段使っている方は、程良い寝心地の体圧分散マットレスを試してみるのも良い対策に

 

なるかも知れません。

 

 

【腰の負担を和らげる為には敷布団の寝心地が重要!/身体を

のんびりと休める為には こちらのマットレスが おすすめ↓↓】