身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
膝痛 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

慢性期の足腰関節痛を温めて癒す家庭用温熱治療器

家庭用温熱治療器で足腰の痛みを和らげる

関節は動きの激しい運動や関節に強い負荷の掛かるウエイト

トレーニングや接触の あるスポーツ、あるいは労働による

 

日々の関節へのダメージの蓄積や加齢による軟骨の磨り減り

筋肉の衰えによる関節部周囲の支えの低下による

 

鋭い痛みの発生。

 

 

痛みが生じたら ひたすら耐えて、自然治癒を待つのでは無く

速やかに整形外科などに行くのが最善の選択ですが、例えば

 

病院に行くにも交通手段が電車・バス以外に無い場合、そして

駅まで少し距離がある、尚且つ、独り暮らしと言う状況だと

 

病院に行くのさえ一苦労です。

 

 

日常で行い易い腰痛対策手段/温熱療法・筋肉を緩める・

血流改善

 

痛み始めは冷やし、熱が落ち着いて来たら温める

 

関節が痛む際は 急性期と慢性期とに分けられ、痛みが生じ始めた

段階は 急性期と分類されます。

 

 

この時には冷やす事を優先して痛み・腫れ・炎症を抑え、熱が患部に

生じているので血液の流れも活発になる為、それを抑制する意味でも

 

冷やすのが効果的です。

 

 

腰を痛めた時には冷やした後に状態を見て表面から内部まで

温める

 

 

その後 3〜4日程度経過し、腫れや炎症が落ち着いたら今度は『冷やす』

のでは無く、硬くなった筋肉を温める必要が あります。

 

 

しかし、病院に行くにも 距離の問題で一苦労。

 

 

自宅で何か対策をしようにも患部を温める機器なんて無いから どうしようも

無い。と言う方に役立つアイテムが あるのです。

 

 

腰が痛む時に行う対策/腰が痛む時に行えない事

 

 

自宅用ヒーティングパッドという心強いアイテム

 

足の痛みを和らげる足用ヒーティングパッドと言うアイテムが脚の筋肉

内部を温める効果を生みます。

 

 

なかなか時間や距離の問題で病院に行けないけれど、痛みを緩和させたい、

と言う方にピッタリの患部を直接温める事が出来る機器。

 

 

足関節を痛めた際の 最善の手段は、やはり整形外科などで専門医に診て

もらう事なので あくまで、一時凌ぎにしかならないかも知れませんが、

 

何も対策せずに痛みを我慢し続け、状態を悪化させてしまっては後々 更に

ツラくなってしまうので早めの対処が大切です。

 

 

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が大事/逆に言えば・・

 

 

自宅で好きなタイミングでいつでも患部を温める事が出来る

 

繰り返しになりますが、痛みが生じ始めた際には冷やす事を優先して炎症が

治まって来たら温めると言う処置が出来たならば、『ただ悪化し続けて

 

どうにもならない。』と言う事態を避けられるので少しでも痛みが落ち着いたら

整形外科に通院する、と言うのが1人暮らしだったり、交通手段が

 

 

電車・バス以外に無く病院の距離も遠くて簡単には行けない場合の最善の選択

かと思うので、1つの方法として頭の片隅に入れて置いて下さい。

 

 

こういった1人暮らしだったりで、車や他の移動手段が無い方の強い味方である

アイテムは家に1つあるだけでも その時は勿論、今 痛い部位以外を

 

もし、痛めた場合にも応用が利くので、日常的に使用する事も、痛めた時に要所

要所で活用する事も出来るので、非常に助かります。

 

 

腰や脚の痛みを感じて整形外科を受診した時の一連の流れ

 

 

足腰関節は早い対処が何よりも大切

 

足関節と言うのは、足首・膝・股関節、あるいは腰まで何処か1か所痛めたら

そこを庇おうとして他の部位にもダメージが蓄積してしまうので、1か所

 

痛めたら、その時点での最善の対処法を選択する事が とても重要です。

 

 

各部位ごとの関節サポーターや杖などの歩行補助アイテム、そして こう言った

患部を直接温める機器を有効活用して、少しでも痛みを和らげましょうね。

 

 

 

【自宅で簡単に温熱療法が行える/時間が無くて通院が

難しい時でも 好きなタイミングで患部を温められる↓↓】