身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
膝痛 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

膝関節が痛い時に車椅子に乗ると言う選択肢

車椅子に乗る事で膝の痛みを和らげる

目次


1. 膝や腰を痛めてしまうとストレッチする事も出来無い

目次 次の項目

 

 

膝関節が急激に痛んでいる時というのは、

の痛みに関する書籍に書いてあるように

 

 

仰向け姿勢で両手でグッ、とを引き寄せて

伸ばしたり、反対に うつ伏せ姿勢で

 

 

足首辺りを掴んで背中側に引き寄せる事で

伸ばしてストレッチを行うと言う事は、

 

 

とてもじゃないけれど 出来ません。

 

 

 

凝り固まった筋肉を解してリラックスさせる

上では、ストレッチを行うというのは

 

 

 

とても大切だと思いますが、激しく痛む場合には

やはり急性期には冷やして

 

 

 

3日の後には温めて血行を促しつつ、安静に過ごす

というのが、膝関節ダメージを悪化させない為には

 

 

重要だと思います。

 

2. 痛み始めの段階では効果的なストレッチなどのケア

前の項目 目次 次の項目

 

痛み初めや初期段階で膝関節に普段とは

異なる感覚、違和感を感じた時にはストレッチ

 

 

 

する事は非常に 効果的だと思いますが、

 

 

 

激しい痛みが出ている時には

そうですが、捻ったり、伸ばしたり縮めたり、

 

 

と言った動作を行う事は痛くて出来ないので、

 

 

 

そういう時に 無理してストレッチしようとすると、

却って悪化を招いてしまう恐れがあります。

 

 

 

激しく膝関節を痛めた経験の ある方は

分かるかと思いますが、数册阿しただけで

 

 

 

『あっ、これは危険だ!』と、本能で理解

出来てしまいます。

 

 

 

 

急激に足腰に激しい痛みが襲って来た時には、

足首の角度を内側や外側に ほんの少し変えただけで

 

 

脳裏に電撃が 浮かぶ思いをします。

 

 

 

すると、動きを完全に停止して、痛みのピークが

過ぎるのをジッと待つのが

 

 

 

その時点での最善の選択に なるかと思います。

 

3. 痛みのピークが過ぎるのを待って対策を行う

前の項目 目次 次の項目

 

 

痛みのピークは永久に続く訳では無く、痛みの

強い日、少しマシな日 と言うのが あるので、

 

 

 

 

少しマシになった時に 関節サポーターを併用して

少し歩いてみたりして 筋肉が衰えてしまうのに抗いつつ、

 

 

温熱療法で患部を温めると言うのが良いと思います。

 

 

 

日常生活で負担を避けようと思うと、完全に

寝たまま過ごすか、車椅子に乗り、移動する位しか

 

 

 

恐らく方法は無いと思います。

 

 

 

 

手すりを使って歩こうとしても、どうしても

に負荷が掛かってしまい、痛みを感じてしまうので、

 

 

 

そうした状態が続くと、歩行が困難になったり

するので、歩くのが辛くなった時には

 

 

 

今の時代ネット通販で自身の身体のサイズや、

身体の状態に合った車椅子を購入できるので、

 

 

 

 

無理して歩こうとせずに、車椅子を入手した方が

身体に負担を掛けずに済むかと思います。

 

 

 

4. 車椅子に乗っても多少は痛みを感じる

前の項目 目次 次の項目

 

ただ、私の場合ですが、が強く痛む時に

車椅子に乗って移動する時に震動がに伝わり、

 

 

 

 

乗っている間中、微弱な振動でに痛みを

感じます。

 

 

 

とは言え、手すりを使って歩くのに比べれば

膝関節への痛みは小さく済んでいると、

 

 

 

私は思うので、車椅子日常に欠かせません。

 

アルミ自走式車椅子 6輪車 MQ-40N ミキ 【smtb-kd】【RCP】【介護用品】