身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
膝痛 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

膝痛を和らげる為に杖や関節サポーターを上手く取り入れる

足腰の負担を和らげるケアを日常的に行う

目次


1. 日々の疲弊から足腰にダメージが蓄積してしまう

目次 次の項目

 

朝から晩まで日々忙しく働いていると自身でも

気付かない内に、あるいは途中で気付いては

 

居るけれど、やるべき事を 優先してしまい、

自身の事は後回しに している内に身体全体に

 

 

疲労感が ドッ、と押し寄せて その疲労感から来る

身体の重さ・怠さ・倦怠感に包まれてしまうと

 

何事に対しても意欲が削がれ、それでも尚 生活の

為に!と無理を し続ければ足腰など関節部位に

 

痛みが生じ始めてしまいます。

筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰

関節の痛み

 

身体全体の重苦しさと言う 身体からの警告サインを

『これ以上は危険だ』と分かっていながら、

 

忙しい仕事を日々乗り越える事を 優先してしまうと

当然ながら、身体は そんなに頑丈では無いので、

 

 

自身のキャパを超えた時に突如として、無理をして

居ればしている程、痛みが強く 爆発してしまいます。

寒さに耐えていると痛む足腰関節/疲労・

炎症を和らげるには?

 

2. 足腰は身体の中心よりも下にあるから

ダメージを受け易い

前の項目 目次 次の項目

 

時には 忙しない日常の ほんの一瞬でも時間を見つけて

マッサージするなり、ストレッチするなりしていれば、

 

多少は筋肉が解れたり、血液の流れが促されたりするの

ですが、忙しい日々に追われている内は自身の身体の

 

ケアは後回しに してしまいがちです。

 

疲れを取る為に足腰を伸ばして解す/

簡単ストレッチ

 

足腰と言うのは、約5kgもある頭部からの重みを緩やかな

S字カーブを描く 背骨が柔らかく受け流し、

 

 

骨盤仙骨へと伝え 、それを両に分散して行く事で日々

負荷やダメージを感じる事無く スムーズに歩行が

 

行えている訳なのですが、ところが足腰を痛めてしまうと

この滑らかな 関節の連動は 痛めた箇所で妨げられ、

 

 

1歩1歩の歩行の度にに負荷が乗ってしまう様に

なるので、益々 日常で感じる痛みが 強くなってしまうのです。

 

 

この時に痛めやすいのは、腰の筋肉である脊柱起立筋、そして

よりも低い位置に ある股関節膝関節、足首などですが、

 

は立ち上がる、座る、歩く、それぞれの動作時に必ず脊柱

起立筋が可動して収縮・弛緩が行われるので、日常の中で

 

 

特に影響を受けやすい部位です。

 

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

 

3. 腰と同じくらいダメージを被り易い膝関節

前の項目 目次 次の項目

 

腰の筋肉が過度に疲弊してしまうと、足腰全体に全体に大きな

影響を及ぼしますが、そうした流れで腰と同じくらい

 

日々の疲弊やダメージによる影響を受けやすいのが膝関節です。

 

 

膝を痛めた時には 直ぐに整形外科やペインクリニックを

受診したいですが、程度にも よりますが、

 

早い段階で受診したからと言って直ぐに感知すると言う訳でも

無いので、通院しつつ、日常の中で足腰を守る対策を

 

施さなければ なりません。

 

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が

大事/逆に言えば・・

 

杖を使ったり、関節サポーターを使うのが最も手っ取り早く、

且つ簡単に行える足腰へのダメージ軽減法ですが、

 

 

しかし、どんなに それらの補助アイテムを活用したとしても

日常に おける少しづつのダメージの蓄積という物は

 

防ぎきれません。

 

4. 日常で生じるダメージは防ぎきれないから

アフターケアを行う

前の項目 目次 次の項目

 

結局、腰から下は身体の中心部分から下に位置する訳で、1歩

1歩の歩行時などによる負担は常に乗っかり続けてしまうので

 

大事なのは、杖などの支えで多少なりとも軽減した足腰への

ダメージを更にアフターケアを施す事で小さくして行こう。

 

と言う意識です。

 

 

歩行する以上は必ず負担が掛かる。と言う当たり前の認識の上

では、そのダメージを如何に和らげるか?と言う事を考えて

 

日常的にケアを施す。と言うのが大切な訳ですね。

 

 

ケアはストレッチやマッサージ、温熱療法など 家の中で隙間

時間に比較的簡単に行えるものや、病院へ行き、鍼などの

 

治療をして貰いに行くのも良いですね。

 

家で気軽に行うマッサージ手順