身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
足首痛 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

足首の痛みを軽減する為のネット通販で買える対策法

足首の痛みを軽減する為のネット通販アイテム

目次


1. 足首の痛みと言うのは色々な動作で発生し得る

目次 次の項目

 

 

足首痛みというのは、足首歩行時

走った時、高い所から着地した際に

 

 

捻ってしまったり、あるいは、労働で休む間も

無く、連日酷使し続けていた為に、

 

 

 

ダメージが積もり積もって 強い痛みへと

変化したり、

 

 

 

 

などが 痛む場合は、その部位を

庇う様に 日常を送っていたら、

 

 

負担が 集中して蓄積していた。

 

 

 

など、人によって 状況や原因は様々ですが、

1度痛めてしまうと、

 

 

 

普段通りの生活を送る上で 何かと不便を

感じる様に なってしまいます。

 

 

 

 

1日の始まりに目を覚まし、立ち上がろうにも

足首が痛むと 朝から苦痛に堪えなければ なりません。

 

 

 

 

トイレに行くにも 足首関節に負荷

掛かるのは 避けられませんから、

 

 

慎重に 少しでも痛みを和らげる様に 工夫して、

神経を張り詰めて 歩行する事に なります。

 

 

2. 室内でも痛む足首は外出時には尚更痛みが強くなる

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

家を出る前から、既に困難な状況は様々あるのに、

外出すれば 尚更ですね。

 

 

 

 

 

1歩踏み出そうにも足が地面に触れ、体重を預ける事で

片脚に体重がガッツリと乗ってしまう訳ですから、

 

 

 

 

歩数が多ければ多い程に、足首に負うダメージ

大きくなるのがツラい点です。

 

 

 

 

 

歩く際に足首体重が乗ってしまう、と言うのは

避ける事が出来ませんから、

 

 

 

 

 

歩行時の退位中の掛かり方を分散しようと、

使用したりすると言うの自然な流れかと思います。 

 

 

 

 

 

 

を使用する事で、2本の体重を支えつつ、重心

移動をしたり、方向転換したりする際に生じて居た

 

 

 

 

ダメージを少しづつでも緩和させる事が出来る様に

なるので、日常的に使用する。

 

 

 

 

と言う選択は正しいと思います。

 

 

3. 杖を使用すると足首は守れるけれど、膝や腰にも痛みが生じてしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

しかし、私の場合は そうした流れで暫くの間、1本の

を頼りに足底筋膜炎足首痛みを軽減させるのに

 

 

 

成功していたのですが、足首は それで守れたのですが、

ところが 1本だけだと、どうしてもを握っている方に

 

 

 

重心が偏ってしまい、足首を守れはしても、重心

崩れから膝関節にまで影響が出始めてしまう、

 

 

 

 

 

と言う状態になり、初めの内は足首足底筋膜炎だけの

痛みだったものが、重心の崩れから足腰全体に

 

 

 

 

痛みが生じる様になってしまったので1本だけの

使用の場合、長期間使う と言うのは

 

 

 

不向きかも知れません。

 

 

 

膝関節を守ろうと思ったら、1本で無く、杖2本

使用するのが私としては負担が少なく済むと経験上思います。

 

 

 

 

今回は足首の痛みに関しての対策法を綴りたいので、

の話しは また別で書きます。

 

 

4. まずは自身の身体に合うサポーターをネット通販で探してみる

前の項目 目次 次の項目

 

 

足首痛みを小さく留めようとした時に、の他にも

ネット通販足首サポ―ターを検索してみると

 

 

 

 

色々なタイプの足首サポ―ターが山ほど出て来ます。

 

 

 

 

 

 

 

そうしたタイプ別の足首サポーターについては過去に

書いた事があるのですが、↓↓

 

 

痛む足首を支える足首サポーター3タイプ

 

 

 

こうした様々なタイプのサポーターの中で自身の

足首痛みの状態や、移動距離などの観点から

 

 

 

 

自身に適したものをネット通販で探してみて下さいね。

 

 

ダイヤ工業 DAIYA 足首用サポーター ドラゴンフライ 左 M 2183