身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
股関節痛 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

股関節サポーターで固定して歩く事で負担が少なくなる

歩行時に生じる痛みから股関節を守るサポーター

目次


1. 仕事や日常生活にも支障を来してしまう足腰の痛み

目次 次の項目

 

足腰の痛みと言うのは仕事は勿論、日常生活にも大きな支障を来します。

 

 

肉体を動かす作業も 椅子に座りながら行うデスクワークでもツラい痛みを

感じながら日々を過ごさざるを得ません。

 

 

足も腰も歩く度に関節に負担が乗っかり、ダメージが蓄積してしまいます。

 

 

慢性的な腰痛で日常的にツラい時は腰の筋肉を緩める/姿勢・温め

 

 

日々の疲弊により、歩行時に関節にガッツリと痛み・負担が掛かってしまう

 

その上で股関節まで痛めてしまうと1歩1歩 脚を踏み出す度に足底から足首、

膝からの衝撃が股関節に行き渡り衝撃を緩和できずに、そのまま鋭い痛みが

 

腰に届いて1歩1歩の歩行が身体に とって大きな負担に なってしまいます。

 

 

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

 

 

2. 股関節が痛むと1歩1歩の歩みの度に苦痛を感じる

前の項目 目次 次の項目

 

各関節部位が そこまで痛んでしまうと杖を使ったり、腰痛サポーター・膝関節

サポーター・足首サポーターなどで足や腰の各部位をガッチリ補助して、

 

毎日過ごさなければならなく なってしまいます。

 

 

しかし、これらの補助アイテムを しっかり装着していても、股関節の痛みに

対しては まだ万全では ありません。

 

 

これらとは別に股関節サポーターで しっかり固定しない事には歩く度に股関節の

痛みに悩まされる事に なってしまいます。

 

 

股関節サポーターで歩行時のツラさ対策/坐骨神経痛・脊柱管狭窄症

 

 

1歩1歩脚を踏み出す度に激しい痛みに襲われる股関節痛

 

本来、身体は頭が重い構造に なっており、その重い頭部から来る重力は緩やかな

S字カーブを描く背骨を伝って骨盤・仙骨〜股関節へ、そして両方の脚へと上手く

 

重力や衝撃が分散される仕組みに なっているのですが、足や腰・股関節の各部位に

痛みを抱えてしまい本来の滑らかな連動が速やかに行われない場合、どうしても

 

 

背骨から伝って来る重力や衝撃を各関節部位が1回1回受け止めてしまい、1歩足を

踏み出すごとに鋭い、あるいは鈍い痛みが襲って来るので、各関節部位を補助し

 

支える関節サポーターの存在と言う物が非常に大切に なるのです。

 

 

3. 関節部位を支えるアイテムは自身にきちんと合う物を選ぶ

前の項目 目次 次の項目

 

痛みを軽減させる事を考えた場合には『杖』も身体を支える補助アイテムとして

非常に重要に なります。

 

 

両足の他に杖により もう1点『地面との接地点』を作り、3点で身体を支える事で

歩行時の衝撃を分散させる事が出来ます。

 

 

こうした歩行補助アイテムを併用すると尚、効果が高まるので単品で使用するよりも

併用する方法が お勧めです。

 

 

股関節に痛みを感じる状態の時には1歩踏み出す際に どうしても股関節に痛みが生じて

しまうので、出来るだけ自身の身体に合った股関節ベルトで しっかりと固定し

 

支えた方が歩くのが楽に なりますし、何よりも安心安全です。

 

 

ある程度こうした装備で歩行時の痛みを軽減出来たのならば、整形外科やペイン

クリニックなどに定期的に通院して、自身の身体の状態を把握しながら日々過ごす。

 

と言うのも精神面の安心の為に大切ですね。

 

 

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が大事/逆に言えば・・・・

 

股関節を痛めた時は杖と股関節サポーターの併用が効果的

 

4. 股関節が強烈に痛み出すと通院も出来なくなってしまう

前の項目 目次 次の項目

 

股関節の痛みが強すぎて動けない等、整形外科などへの通院もツラい状態の場合は

まず、こうしたアイテムで日常に おける関節への負担を減らして、少し痛みが

 

マシに なってたかも、と思ったら直ぐに、通院して治療・リハビリを受けて身体が

少しでも回復する様に努めるのが最善の選択だと思います。

 

 

関節各部位が痛むと、治癒するのに かなりの期間を要してしまうと 思いますが、

健康な身体に戻る為に日々の負担の原因を減らして行きましょうね。

 

 

股関節の筋肉の張り・痛み/股関節の硬い筋肉を解すには

 

 

5. 足腰を痛めたら生活に欠かせなくなる補助アイテム

前の項目 目次 次の項目

 

身体に痛みが現れている状況に日々苦しんで悩んでいる方に とっては こうした

関節補助サポーターが何よりもの直接的 支えになる訳ですから、日常生活に

 

取り入れて1日1日を終えた頃に今日は昨日よりも負担が少なく過ごせたな。と

毎日実感できると良いですね。