身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
足底筋膜炎 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

足腰が痛み出したら、この点を重視したアイテムが役立つ

足腰の痛みを軽減する上で大切なポイントは・・・・

目次


1. 様々な足腰の痛みの原因

目次 次の項目

 

の痛みの原因としては、過労や加齢、スポーツなどで

急激な負荷が加わった時などが主に挙げられますが、

 

まず、私の場合も そうなのですが 労働で忙しく動き

回って 連日身体が疲弊しきっているのにも関わらず、

 

 

尚も、無理に無理を重ねて、身体を酷使しきった結果、

から足まで あちこちの関節部位が痛む様に なったり、

 

加齢で髄核の水分が減り、関節のクッション機能が

弱まった時に 何らかの衝撃を受ける事で、

 

 

線維輪を突き破り 中の髄核が飛び出して、神経を圧迫して

しまう事で痛んだり、接触性のスポーツで他者と

 

ブツかった時に急激に痛みを感じたりと、この様に痛みが

生じる原因は様々あるのですが、上に挙げた例は

 

 

椎間板ヘルニアや筋膜性腰痛や分離症などの症状ですが、

他にも背骨を通る脊柱管が狭まり、圧迫される事で

 

 

痛みが生じる脊柱管狭窄症間欠跛行、腰椎が前後にズレる

分離すべり症など、腰痛と言っても一括りには出来ない

 

様々な腰部の状態が あるのですが、何れの場合も仕事は

おろか、日常生活も ままならない程の状態にまで

 

 

悪化してしまう恐れが あるので、痛みや違和感を感じた

段階で整形外科に行くなど、早めの対処が とても大事に

 

なります。

 

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・

脊柱起立筋

 

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を

受診する

 

2. 整形外科に行っても直ぐに治る訳では

無いので、日常での負担軽減対策が必要

前の項目 目次 次の項目

 

しかし、整形外科に行っても1回2回で完治する訳では

無いので、通院時以外の日常生活の中で負担軽減対策を

 

意識して行う必要が あります。

 

 

日常の中で施せる対策としては、ストレッチやマッサージ、

それから温熱療法や体圧分散マットレス、電動ベッドの上で

 

横になって負担が掛からない様にする。等ですが、しかし

ストレッチやマッサージは足腰関節部位の痛みが強い時は

 

 

行わない方が良いですし、温熱療法も温熱治療器が家に

無かったり、お風呂で血液の流れを促そうと思っても、

 

やはり足腰(特に腰)の痛みが強烈に現れている時には

湯船に浸かるのも難しいです。

 

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を

探す事が大事/逆に言えば・・

 

すると、日常の中で簡単に行える対処法と言うのが体圧分散

マットレスや電動ベッドの上に寝る。と言う事ですが、

 

腰の痛みが特に強い時には体圧分散マットレス以上に腰に

とって負担が少なく済む電動ベッドを重宝する事に

 

なると思います。

電動ベッドを使用して、朝起きた時の

腰の負担を軽減する

(電動の力で角度が自在に調整出来ますし、腰が痛くて

起き上がれない時に ほぼ状態を起こしきった位置まで

 

持ち上げられる為)

 

 

腰の場合は そうして1日の内の3分の1の時間を占める就寝

時間に腰への負担を軽減する対策が行えますが、

 

膝関節、股関節、足裏などの痛みの場合は どうすれば

良いのか?

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の

強張りを解す

 

 

 

3. 足裏の痛み/足底筋膜炎は足腰の痛みに繋がる

前の項目 目次 次の項目

 

今回は足裏の痛みである【足底筋膜炎】に関して綴りますが

足底筋膜炎と言うのは、足踵から土踏まずへ向かって伸びる

 

筋膜が炎症を起こしている状態の症状を指します。

 

 

私の場合、足底筋膜炎から足首・膝・股関節・腰と痛む箇所が

広がって行ってしまった為、総ての元凶は足底筋膜炎でした。

 

 

足底筋膜炎を発症してから もう2年半以上も経過するので、

流石に元凶である足裏の痛みは大分 和らいで来ましたが、

 

車椅子生活の今でも足裏が少しでも痛んだら慎重に なって

しまいます。

 

 

では、当時の私が足底筋膜炎に対して どう対処して居たのか?

と言うと、サンダルを厚くする事でした。

 

4. 厚めのサンダルや体圧分散マットレスなど

厚みのあるアイテムが足腰を守る

前の項目 目次 次の項目

 

私は履物に対して 全く無頓着で あった為、履物も

足裏の痛みの原因の一つである。と気付くまでに

 

時間を要しました。

 

 

私は当時 建設現場で働いて居た為、履物は爪先部分に

鉄板の入った安全靴を主に履いて居ましたが、

 

靴底自体は非常に薄かったです。

 

 

そういう靴で忙しく休みも無い中で動き回っていましたから、

終始 足底にダイレクトに震動や衝撃が伝わり続けて

 

居たのでしょう。

 

 

夏場の忙しさがピークに達している ある時の朝方、目を

覚ますと足裏がズンと重く感じて、同時にズキズキと

 

疼く痛みが走っていたのを覚えています。

足底筋膜炎により、辛い日々が始まる

しかし、足裏が痛いからと言って繁忙期の仕事を休む訳にも

行かず、そのままの状態で何日も ひたすら動き続けました。

 

 

すると、どんどん足裏の痛みは悪化し続け、とうとう1歩1歩

脚を踏み出すのも難しくなったので、夏が過ぎて仕事量が

 

落ち着いた頃に休みを貰い、整形外科に行ったところ、足底

筋膜炎だと診断されたのですが、現状の自身の状態を

 

 

知れたのは非常に良かったのですが、病名を知った所で

ひと安心とは ならず、ブロック注射の効果を感じないまま

 

ドンドン悪化して行き、足首・膝・股関節・腰と あちこちに

足腰を庇う事で 重心バランスが歪な状態のまま日常を

 

 

過ごす事になり、とうとう未だに治りきらないまま歩行

困難に陥り、車椅子生活と なった訳ですが、

 

 

その過程に おいて、底の薄い靴を履いて居た事による影響と

いう物に気付き、靴だと足底筋膜炎の足には圧迫感が あって

 

ツラいので、厚めのサンダルを履く様に したところ、

クッション性が それまで履いて居た靴やサンダルとは

 

まるで異なり、足裏の負担も少なくなったのです。

 

(私の場合は結果として車椅子生活に なりましたが、もっと

早く気付いて居れば未来は違ったかも)

 

 

この様に足腰の痛みを和らげるには体圧分散マットレスや

厚めのサンダルなど、通常使用している物よりも少し厚めの

 

物を使用してみると、身体への負担は軽減されやすいみたい

なので、有効に活用したいですね。

 

 

(ちなみに車椅子の座面に敷く座布団も衝撃や振動を腰に

伝えづらくする為に、厚めのクッションを使用しています。)

靴底のクッション性を高めて足裏の痛みを

和らげる