身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

ネット通販で買える冷んやりアイテムで快適/自走式車椅子

ネット通販で買える冷んやりアイテムで快適/自走式車椅子

目次


1. 連日の暑さでバテてしまう前にする暑さ対策

目次 次の項目

 

 

連日暑い 日々が続くと、日を重ねる毎に どんどん

体力を消耗して身体が重苦しくなってしまいます。

 

 

 

そうして、グッタリしたまま日常生活を送って

居ると、益々 灼熱の太陽に照り付けられ、

 

 

 

暑さで完全にバテてしまうので、当然ながら暑さ対策

夏バテ対策として室内に居る時はクーラーや扇風機、

 

 

 

あるいは、冷たい食べ物や飲み物を食べたり飲んだり

して、体感温度が過度に熱くなり過ぎない様にすると

 

 

 

思いますが、しかしながら外出時には、どうしても

直射日光に さらされるのは避けれられません。

 

 

2. 車椅子に乗りながらでは日傘を差すのは難しい

前の項目 目次 次の項目

 

 

それこそ男女関係なく日傘を差すとか、首元

冷やしたタオルなどを巻くか、と言った対処法が

 

 

 

欠かせなくなります。

 

 

 

 

私が以前書いた汗拭きシートやシャツの上から吹き

掛ける事で、冷んやり感を感じられるスプレーが あると、

 

 

 

 

暑い夏場でも ある程度快適に過ごす事が出来る様に

なります。

 

 

 

 

 

日傘に関しては、車椅子に乗って両手が塞がって居ると

日除けが出来ませんので、陽を避ける為の対策としては

 

 

 

 

帽子を被ったり、長袖を着たりなどの対処をする必要が

ありますが、やはり そうやって長袖を着てしまうと

 

 

 

体感的に どうしても暑さが増してしまうので、こうした時に

先程書いた様なシャツの上から冷んやり爽快スプレー

 

 

 

噴き掛けたり、汗拭きシートで肌を直接拭いてみるのが

有効だと思いますが、外出時に持ち運ぶには

 

 

 

 

爽快スプレーは容量が500mⅼありますので、

持ち運ぶには やや大きめかな、と思います。

 

3. 持ち運ぶには、やや大きい500mⅼサイズの爽快スプレー

前の項目 目次 次の項目

 

 

勿論、外出前に一噴き、二噴きシュッ、シュッ、と吹き

掛けてから、出掛けるには大容量なので長持ちして

 

 

 

 

助かるのですが、もし外出先でも同様の爽快感を感じたい、

となれば、少し小さめの容器に入れ替えて

 

 

 

 

何時でもスプレー出来る様に するか、汗拭きシート

コンパクトサイズなので、少し多めにカバンの中に

 

 

 

 

常備させておくと、暑くてフラフラする時にも、肌を

拭いた途端に冷えて爽快感を感じる事が出来ます。

 

 

 

自走式車椅子の場合、歩行よりも私の体感では

3分の1か、4分の1 程度のスピードでしか進めない上、

 

 

 

 

 

上半身の運動量が とにかく多くなり、呼吸も乱れ

心拍数も上昇しバテるのが通常よりも早いので、

 

 

 

 

出来れば、小まめに汗拭きシート爽快スプレー

暑さを軽減させたいところです。

 

 

4. ネット通販で探すと山の様にある暑さ対策グッズ

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

 

身体を冷やすグッズをネット通販で探してみると、

今時は持ち運べるミニ扇風機や、ツバの部分を濡らす事で

 

 

 

顔を涼しくしてくれる帽子などが ある様で、暑さ対策

グッズも、『常に持ち運べるアイテム』と言うのを

 

 

 

重視して作られているのが分かりますね。

 

 

 

 

 

どんなに、快適でも持ち運べないと、暑さ対策上、

役に立たないですから、コンパクト化して、

 

 

 

楽に常備出来るのは、ありがたい進化ですね。

 

つばが冷える帽子 水の自然の力、気化熱で顔を冷やす!冷涼感をもたらす爽快涼冷キャップ クールビットクールバイザーCAPスマートメッシュ 熱中対策 暑さ対策 coolbit 夏帽子 父の日 帽子 元気ギフト 熱中対策 熱中症対策グッズ 帽子

激しい腰痛時に乗る車椅子/振動

激しい腰痛時に乗る車椅子/振動

目次


1. 腰の痛みの様々な原因

目次 次の項目

 

 

腰の痛みには脊柱管が狭まり、中の神経根を

圧迫する事で痛みを感じる様になる

 

 

 

 

脊柱管狭窄症や、その延長線上で歩行中に

どんどん痛みが増して行き、歩け無くなる

 

 

 

間欠跛行や、へ延びる神経が障害を受けて

からに掛けて痛みや痺れが生じる

 

 

坐骨神経痛や、髄核が何らかの衝撃を受けて

繊維輪を飛び出して神経に触れてしまう事で起こる

 

 

 

椎間板ヘルニアなど、腰の痛みには様々ありますが、

いずれの場合も痛みや違和感の兆候を感じたら

 

 

 

 

素早く対処しなければ なりません。

 

 

2. 大きな痛みを気にしている間に小さな痛みが生じ始めてしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

こうした、大きな腰の痛みに対して整形外科

行ったり、日々 腰痛サポーターで痛み緩和を

 

 

 

 

意識しながら過ごしていたとしても、ある時 突然

それらに比べて小さめな痛みである

 

 

 

 

筋膜性腰痛も生じたり、色々な痛みを感じて

しまうと、もう対処は大変で 普段から姿勢

 

 

 

 

 

重心バランスに気を付けて居ても、痛みを

逃がすのは中々難しいです。

 

 

 

 

そうすると、寝ようとした時も負担が掛かって

しまいますし、勿論 普段も歩行が困難になってしまい、

 

 

 

 

日常生活車椅子を取り入れる、と言うのも

選択肢に入れる様に なります。

 

 

 

 

 

 

私は、歩行困難になった段階から、『もう車椅子

頼るしか無い』と、日常に取り入れる事を考える様に

 

 

 

 

なりましたが、出来れば 歩行困難になる前の段階から

足腰日々の負担から守る為に使用した方が良い、

 

 

 

と、今になって思います。

 

 

 

 

腰の痛みには波が ありますから、出来れば痛みが

激しい時には、安静にして椅子上で過ごすか、

 

 

 

 

 

寝たきりで余計な負担を掛けない様に過ごして、

少しでも痛みが小さく時に出掛けるなど、

 

 

 

 

出掛ける際にも そうやって緩急を付けた方が

良いのですが、しかし痛みが強い時にも

 

 

 

 

食料が尽きたりしたら、無理してでも お買い物に

出掛けなければならない状況と言うのが訪れます。

 

 

3. 車椅子の振動が腰に響いてしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

そうした時に、車椅子でアスファルト上を進むと、

ガタガタ震動が続き、に響いてしまいます。

 

 

 

 

 

痛みが小さい場合は、『微弱な振動』と感じるのですが、

痛みが強く現れている場合には、この『微弱な振動』が

 

 

 

 

 

仙骨から椎、骨盤などを痛めてしまい、乗って居る間中、

震動による痛みに耐え続けなければ なりません。

 

 

 

 

こうして、お買い物を終えて帰宅する頃には、震動を

受け続けたは すっかり痺れてしまいますので、

 

 

 

車椅子から布団に移る際などは、

よくよく気を付けなければなりません。

 

 

4. 車椅子から降りる時には手すりや立ち上がり補助具が役立つ

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

 

足腰が痺れている時に、車椅子から無理に降りようと

してしまうと、転倒の恐れが あるので

 

 

 

ネット通販で簡単に入手出来る立ち上がり補助具

そ~っと布団に移ってみたり、手すりを支えに

 

 

移動してみると安全です。

 

 

 

こうした室内用のアイテムを使用して、安全に

足腰への負担を避けましょうね。

 

【8/20全品ポイント5倍】立ち上がり支援器具 「Famica」 AH-07 ウェルファン 手すり 支え 立ち上がりサポート【送料無料】 生活支援 リハビリ ささえ 介助 在宅 老人 高齢者 シニア 敬老の日 ギフト プレゼント

自走式車椅子で皮膚が擦れてしまうのを防ぐには

自走式車椅子で皮膚が擦れてしまうのを防ぐには

目次


1. 本格的な夏場で衣服が薄くなるに連れ・・・・

目次 次の項目

 

 

本格的な暑さになってから、もうかなりの期間が

経過していますが、やはり夏場と言うのは

 

 

 

体調を維持するのが非常に難しい季節だな、と

痛感させられます。

 

 

 

暑さに抗う為、当然ながら秋・冬とは異なり、

衣服がシャツ1枚など、あるいは人によっては

 

 

 

 

タンクトップで夏場を過ごす人も居るかも

知れません。

 

 

 

 

 

私は自走式車椅子に乗る様になって、シャツ

1枚で過ごすと言う、夏場に おいては

 

 

 

 

 

当たり前の服装も 快適では無く、寧ろ薄着で

背もたれに擦れる事で

 

 

 

 

いつの間にか擦り傷が出来て痛む、と言う悩みが

一つ増えてしまう様に なりました。

 

 

 

 

少し前に書いた 汗拭きシートやシャツの上から

噴き掛ける冷んやりスプレーの時に触れましたが、

 

 

 

 

そう言った暑さ対策の一環として、肌をひと拭き

する事で、冷んやり爽快感が得られたり、

 

 

 

 

あるいはシャツの上から噴き掛けるスプレーにしても

皮膚に擦り傷が あると沁みてしまいます。

 

 

 

2. 車椅子のフレームで擦れて擦り傷が出来てしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

スプレーの場合は、皮膚に絆創膏などを貼れば

沁みるのを防ぐことが出来ますが、

 

 

 

それでも、自分で背中に絆創膏を貼るのは中々

難しいです。

 

 

 

まして、それが肩胛骨の外側の位置にある擦り傷だと

ピンポイントで貼ろうとしても難易度は高いです。

自走式車椅子で薄着だと肩甲骨の外側に擦り傷が出来てしまう

 

何故、この位置が こんなに擦れてしまうのか?

 

 

 

それは、車椅子を一漕ぎするごとに 背もたれ

部分のフレームに擦れてしまう、

 

 

 

 

と言うのを延々繰り返し続けるからですね。

自走式車椅子で進む上でフレームに擦れて皮膚を傷つけてしまう

路面環境に よりますが、ひと漕ぎで進める

移動距離は大体20儖未世隼廚い泙后

 

 

(正確に測った訳では無いので、感覚的な距離ですが)

 

3. ひと漕ぎの移動距離は、せいぜい10僉20

前の項目 目次 次の項目

 

これは かなり平坦な路面で この位ですから、微妙に

歪んだ路面では 一漕ぎ10僉15儖未世抜兇犬泙后

 

自走式車椅子で一漕ぎするたびに肩甲骨の外側がフレームに擦れてしまう

つまり、1m進むのに 大体5回漕ぐ事になり、目的地が

500m先だったり、1卆茲任△辰疹豺腓砲蓮

 

 

 

その都度、肩甲骨の外側が車椅子のフレームに摩擦され、

擦り傷が妙な位置に出来てしまうのです。

自走式車椅子の背もたれ部分のフレームに擦れて擦り傷が出来てしまう

 

私自身、汗拭きシート冷んやりスプレーにより

爽快感を感じる上で、大きな妨げに なってしまいますから、

 

 

 

この点を どうにか解消できないか?と考えたのですが、

背もたれ部分にクッションを挟んで、

 

 

 

肩甲骨の外側、脇付近の摩擦力を弱くするか、と言う

位しか今の所 対策が浮かびませんが、

 

 

 

 

 

難しい位置にある擦り傷に対して、絆創膏を貼るのが

難しいのならば、そもそも傷口を浅く、小さく

 

 

 

留めるのが一番の対策に なりますね。

 

 

 

4. 灼熱の夏場ゆえに、ゴム手袋も装着したくない

前の項目 目次 次の項目

 

 

自走式車椅子に乗って居ると、迂闊に薄着も出来ない、

と言う話しでしたが、ならではの摩擦の影響

 

 

 

と言うのは、手のひらにも現われます。

 

 

 

何百回、何千回とハンドリムを握って、グイッと押し

進める、と言う動作を繰り返していると、

 

 

 

手のひらはマメだらけに なります。

 

 

 

 

これを防ぐのは、ゴム手袋を装着すれば 割りと

簡単に解決できるのですが、

 

 

 

しかし、暑い季節に 自ら好き好んで熱さを

追加するかの様に、ゴム手袋を装着するのは

 

 

 

ちょっと躊躇してしまいます。

 

 

 

なので、夏場は素手で出来るだけ涼しい状態で居たい。

 

 

 

 

となると、手の平が どんどん傷んで行ってしまう、

と言う訳です。

 

 

 

恐らく夏場が過ぎ去ってくれれば、これらの擦り傷を

作ってしまう要因を解消できるので、

 

 

 

 

傷口に絆創膏を貼って、ネット通販などで気軽に

入手できる冷んやり爽快なスプレーなどで涼しさを得ながら、

 

 

 

を乗り切りましょうね。

 

【送料無料】ときわ商会 ひんやりシャツシャワー ストロングミント 本体 500ml

身体の疲れを取る為にストレッチやマッサージなどケアを重視する

ストレッチやマッサージなど日々身体のケアを重視する

目次


1. 日々の疲弊が腰の痛みを強めてしまう

目次 次の項目

 

 

 

腰の痛み、それはスポーツによる激しい

疲労の蓄積で生じたり、

 

 

 

肉体を酷使する労働で仕事を終えて帰宅して

ほんの1〜2時間の自由時間を満喫して、

 

 

 

寝て起きたら、また朝早くから重労働の

繰り返しの日々で身体を休める暇が無く、

 

 

 

痛みが生じたり、加齢によるクッションの

役割を果たす椎間板の水分減少などにより、

 

 

 

 

衝撃に弱くなり痛みが生じたり周りの筋肉

脊柱起立筋)の衰えや疲弊により痛みが生じたり、

 

 

 

人や状況によって、痛み発生の原因は

様々ですが、膝関節は健康な

 

 

 

日常生活を送る上で、大切な部位ですから、

痛みや違和感を感じたら、

 

 

 

まずは速やかに整形外科などに行って

受診される事を おすすめします。

 

 

 

 

人体の構造というものは非常に優れた作りに

なっています。

 

 

周りの場合、日常生活の中で当たり前に行う

動作である、前に上体を屈める前傾姿勢

 

 

 

後ろに反らす後傾姿勢、そして 身体を捻る動作

など、椎を中心に衝撃や負担を和らげながら

 

 

 

行う事が出来るのですが、椎を中心に

上半身の動作を行って居ると言う事は

 

 

 

その分、日常生活の中で大きな負担

掛かって居ると言う事でも あります。

 

 

2. 腰痛対策関連本 曰く、筋肉のトレーニングが大事

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

 

更に、骨の変形などが生じている場合には

日常生活の中腰痛対策として腰痛サポーター

 

 

を併用したとしても痛みは抑えられず、なかなか

思う様な効果は得られないでしょう。

 

 

 

腰痛対策関連の書籍を読むと、腰痛に対しては

筋肉の衰えに抗う為に、筋力 トレーニング

 

 

大事だと言う事が書いて あります。

 

 

 

しかし、激しくを痛めている時には

トレーニングを行うなど無理なので、

 

 

 

出来るだけ動かず 安静に過ごした方が

良いでしょう。

 

 

 

腰の痛みの原因として、先ほども書いた様に

腰の筋肉脊柱起立筋)の疲弊が挙げられます。

 

 

 

 

疲弊により生じる影響としては筋肉の

強張りの持続、それに伴い筋肉内部の

 

 

 

血管が圧迫され、血液の流れが悪くなる事で

血液が運んでくる酸素の量が不足し、

 

 

 

筋肉のエネルギー源である、ブドウ糖が

不完全燃焼を起こしてしまうのです。

 

 

3. 腰周りの筋肉の疲弊により、凝りや張りが増すと痛くて動けなくなる

前の項目 目次 次の項目

 

 

そうなると、筋肉の機能低下だけで無く、

乳酸など痛みを引き起こす 老廃物が蓄積して

 

 

 

益々筋肉の張り・凝りが悪化して しまいます。

 

 

 

 

 

筋肉の張り・凝りを解消する・あるいは和らげる為には

ストレッチをしたり、マッサージをしたり、

 

 

 

適度な温度で湯船に浸かって血液の流れを促したり等が

効果的ですが、これらを独立した一つ一つの対策として

 

 

 

 

行わずに、一連の流れとして捉えて行う事で、更なる

効果が望めます。

 

 

 

つまり、ゆっくりと ぬるめのお湯(体温よりも3度~

4度高い温度)に10分程度 浸かって、

 

 

 

血管が開いて血液の流れが速やかになったら、今度は

お風呂から上がってストレッチマッサージ

 

 

 

筋肉を直接的に解し、正常な血液の流れによって乳酸・

老廃物を排出させる、と言う流れです。

 

 

 

 

勿論、ストレッチマッサージ単体で思い立った

タイミングで行うのも良いのですが、

 

 

 

 

身体の疲れを取る、と言う目的の為に行うのならば、

身体全体を温めて血管を開いて血液の流れを高めてから

 

 

行った方が効率的では あると思います。

 

 

4. ネット通販で温熱治療器を簡単に入手できる時代

前の項目 目次 次の項目

 

 

お風呂に入らなくても、今時はネット通販

温熱治療器などが手軽に入手できるので、

 

 

 

 

 

周りや、あるいは全身を簡単に温める事が

可能ですね。

 

 

 

 

只でさえ疲れを感じやすい異常な暑さに やられない

為にも身体のケアを大切に しましょう。

【送料無料】温熱治療器サン・マット SL

暑い夏にピッタリ/シャツの上から振りかけるだけの極冷爽快スプレー

シャツの上から振りかけるだけの極冷爽快スプレー

目次


1. 酷暑続きだと体力消耗が想像以上に激しい

目次 次の項目

 

 

いつもはを使ったり、関節サポーター

装着して足腰負担を極力 和らげる方法や、

 

 

 

歩行困難な程に足腰の痛みが強くなってしまったら、

車椅子日常生活の中に取り入れる、

 

 

 

と言う事などに ついて普段は綴っていますが、今回は

それらとは ちょっと逸れた所での

 

 

 

 

足腰の痛みなどとは また別の、日常での辛さを

助けてくれるアイテムについて

 

 

 

書いて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

今の時期は真夏 真っ只中ですね。

 

 

 

連日の猛暑酷暑が続くと普段の気候以上に体力の

消耗が激しくなってしまい、

 

 

 

身体全体の重苦しさや、怠さに繋がってしまう訳です。

 

 

 

 

 

 

 

当然、そうした状態で居るのは、ただ自身を苦しめるだけ

ですし、酷い場合には倒れてしまいますから、

 

 

 

 

 

暑さを和らげる(自身を守るための)対策として

室内ではクーラーや扇風機を点けたり、

 

 

 

今の時代、薬局やコンビニで手軽に入手できるサッ、と

皮膚を拭くだけで爽快感を得られる汗拭きシートを購入して

 

 

 

熱波に耐えたりなどの対策を個人で個人で行っている訳ですが、

室内に居る間中、ずっとクーラーなどを点け続けると

 

 

 

 

後々の電気代の請求が怖かったり、単純に身体を極端に長時間

冷やし続けてしまうと、血管が収縮し 血流が鈍ってしまい、

 

 

 

 

結果的に足腰関節の痛みに繋がってしまいますし、あるいは

関節部位に留まらず、冷えによる腹痛を招いてしまう事も

 

 

あると思います。

 

2. 長時間冷房を使い続けるのは体調を崩してしまうけれど、欠かせない空調機器

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

とは言え、ここ数年の夏場の異常な暑さでは、空調は

欠かせませんし、冷房機器が無かったり、

 

 

 

 

使用を控えてしまうと、あっという間に倒れて

しまうと思います。

 

 

 

 

なので、空調は夏場を乗り切る為には必須な

アイテムです。

 

 

 

日中は身体も頭も起きてますし、身体に冷えを感じたら

温度を上げるなどの空調の微調整が可能ですが、

 

 

 

 

就寝時には中々そうもいか無いので、睡眠が深くなるで

あろう頃合いを見計らってタイマーが切れる様に

 

 

 

 

設定する人が多いと思います。

 

 

 

 

寝ている間は無防備な為、もし冷やし続けたら

あっという間に体調を崩してしまうので、

 

 

 

そうした無防備な時に緩急を付ける、という意識は

とても大事です。

 

 

 

 

 

しかし、就寝時にはコップ1杯分の汗を掻くと言われて

居る様に、途中で目を覚ましてしまうと、

 

 

 

 

全身が汗でビッショリ、と言う事がザラに あります。

 

 

 

汗でシャツやパンツがビッショリだと気持ち悪いですし、

一旦 着替えて また布団に入る手間が掛かります。

 

 

 

 

寝ている時に汗を掻くと不快な気分になってしまう。と

言うのは寝て居る間に汗を掻く以上、仕方が無いと

 

 

 

諦めるしか無いのですが、ところが汗を掻く事が 寧ろ

身体を快適にしてくれる要因になったら、どうでしょう。

 

シャツの上から噴き掛ける爽快極冷スプレー

3. シャツの上から噴き掛けるだけで爽快感に包まれる冷んやりスプレー

前の項目 目次 次の項目

 

 

先程書いた皮膚を拭くだけで爽快感に包まれる

汗拭きシートの様に、表面から身体を冷んやりと

 

 

 

快適にしてくれるアイテムが あるのです。

 

 

 

 

それが こちらのシャツの上から吹き掛けるだけで

どんどん身体を冷やしてくれるスプレー

 

 

 

 

 

私が店頭で見掛けた時には、これとは別に もう一種類

あったのですが、こちらの方が冷やす効果が高そうなので

 

 

 

こちらを選びました。

シャツの上から噴き掛ける爽快ミントの香りスプレー

シャツの上からスプレーして、『汗を掻く度に気持ち良い』

というコピーがボトル裏面に書いてあったので、

 

 

 

 

帰宅後 すぐに吹き掛けてみました。

 

 

すると、ミントの香りが爽やかに香るのを感じながら、

シャツの表面の冷ンヤリ感が 直ぐに皮膚にも伝わり、

 

 

 

これは なる程、『汗を掻く程に気持ち良い』と言う

コピー通りのアイテムだな、と感じました。

 

 

4. 爽快スプレーと扇風機などを併用する

前の項目 目次 次の項目

 

 

これを衣服の上からスプレーした上で、扇風機などで

涼もうとすると、『かなり強烈な冷え』を

 

 

感じる事が出来ます。

 

 

これが先程の就寝時の汗による寝苦しさの話しに

繋がるのですが、シュッシュッ、と何噴きかシャツに

 

 

 

噴き掛けてから横になると、呼吸をする度にミント

香って来ますし、肺が膨らんだり縮んだりする動きに

 

 

 

合わせて冷ンヤリ感も付いて来る様に感じて、爽快感に

包まれながら、快適に就寝する事が出来ます。

 

 

 

 

私が何回か試した感じだと、時間の経過と共にミントの

香りは徐々に薄らいで行くのですが、

 

 

 

香りが失くなった後も、冷え効果は しばらく持続するので、

眠りに落ちるまで涼しさを感じて居られると思います。

 

 

 

スプレータイプなので、管理と言うか、誤射を防ぐのも

簡単でスプレーの噴射口の オン/オフを捻って

爽快スプレーの誤射を防ぐ為にオフに切り替える

 

 

切り替えるだけで、思い掛けずに 辺りや、誰かにスプレーを

吹きかけてしまう、と言う事を防ぐことが出来ます。

爽快スプレーを使用する時にはオンに切り替える

 

肩・胸・お腹・そして背中と吹き掛けて10秒ほどで効果を

感じ始めるのですが、私は普段車椅子に乗って居るので、

 

 

 

 

思い掛けず、冷ンヤリ感がヒリヒリ感に代わってしまった、

と言う事も あります。

 

衣服の薄い夏場に車椅子に乗って居ると、背中の皮膚を摩擦で擦り剝いてしまう

 

と言うのも、車椅子は肩から肘の動きだけで全体を

コントロ−ルするので、衣服が薄い夏場の場合、

 

 

 

 

背もたれ部分に擦れて肩甲骨の外側辺りが擦り傷の様に

なってしまっていた様で、ミントの爽快感が

 

 

 

その箇所だけ痛みに代わってしまう、と言う事も

ありました。笑

衣服の薄い夏場に車椅子に乗る事で、摩擦で背中を擦り剝いてしまう

5. ボトル裏面の注意書き通り、肌に直接噴き掛けるのは避ける

前の項目 目次 次の項目

 

ボトル裏面に注意書きとして、肌に直接使用しないで

下さい。と記載されているので、肌に直接噴き掛けるのは

 

 

 

勿論の事、シャツの上から噴き掛ける、と言う事を

守って居ても、背中などの見えない箇所に

 

 

傷が出来ている可能性の ある方は、事前に絆創膏を

貼るなどの処置をしてから噴き掛けましょう。

【送料無料】【2本セット】ひんやりシャツシャワー ストロングミント 本体 500ml×2個 ときわ商会

車椅子でスロープ・勾配、段差に上るには?

自走式車椅子でスロープ・勾配、段差に上る方法

目次


1. 車椅子に乗る上で大変なポイント

目次 次の項目

 

 

私は車椅子に乗り始めて数か月経ちますが、車椅子

っている時に 必ず現れる路面上の障害物には

 

 

 

未だに馴れませんし、その障害物に立ち向かう時には

一呼吸おいて ある種の覚悟を決めてから

 

 

 

乗り越える必要が あります。

 

 

 

 

 

 

路面上の障害物とは路面のアスファルトの抉れや、

散らばっている小石、道路に跨って設置されている溝、

 

 

 

それから段差や歩道の勾配、緩く長く続く歪んだ路面

緩く長く続く坂道ですね。

 

 

 

 

路面上のアスファルトがガタガタ ボコボコしているのは

割りと何処でも ありますが、ガタガタして微弱な振動が

 

 

 

 

足腰に響くな〜、なんて思っていると、目の前に

現れるのが亀裂が入って居たり、

 

 

 

 

あるいは大きな穴が開いて抉れた路面です。

 

2. ハンドリムのコントロールで危険な状況を乗り切る

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

これが もし、歩道 目いっぱいに広がって居るようだと

その道を回避せざるを得ませんが、

 

 

 

 

道幅半分くらいだと上手い事 避けながら進路を

定めなければなりません。

 

 

 

 

 

そうした時には、なかなか細かいハンドリム捌きが必須に

なりますが、上手く渡れたら少し安心出来ますね。

 

 

 

 

こうしたアスファルトが抉れている所には 特に

付き物なのが細かく散乱した小石ですね。

 

 

 

 

小石は割りと何処でも転がって居るので、一つや二つ

転がっている位だったら、サッサッ、と避ける技術は

 

 

 

 

いつの間にか日常の中で培われていますが、ところが

細かくバラバラに散乱した小石に対しては、

 

 

 

 

細かいハンドリム捌きだけでは対処しきるのは難しいです。

 

 

 

 

なので、そうした時には多少は小石を踏んだ時に生じる

ガタン、とした振動に対する覚悟が必要です。

 

 

3. 大きい前輪ならば乗り超える事が出来る道路の溝

前の項目 目次 次の項目

 

 

続いて、割りと狭い道の場合、道幅いっぱいに跨って

設置されている溝と言う障害物に遭遇する事が あります。

 

 

 

 

私の場合、車椅子日常に取り入れる前にで歩いている

段階で 自宅周辺の路面状況を ある程度認識していたので、

 

 

 

 

そうした状況に出くわした時の為に、大きめの24インチの

自走式車椅子を購入したのですが、その読みが上手く当たって

 

 

 

 

前輪のサイズが大きくて、道幅いっぱいに跨る溝も そ~っと

進めば問題なく進むことが出来ました。

 

 

 

 

 

しかし、ここまではハンドル捌き(ハンドリム捌き)次第で

何とか なりますが、段差や勾配、坂道に関しては

 

 

 

それだけでは未だ不充分です。

 

 

 

 

 

段差を乗り越えようとする時は車椅子の背もたれ面に

体重を寄せ気味にして、そして勢いを付けてハンドリム

 

 

 

コントロールすると、前輪が浮くので上手く段差に乗ったり、

あるいは、それが難しい場合には段差に対して後ろ向きになり、

 

 

 

後輪をピッタリ付けて前輪が真っ直ぐ向いて居る様に

気を付けながら、後ろ向きに真っ直ぐ上がると

 

 

 

段差を超える事が出来ます。

 

4. 無理してコントロールしようとすると、肩・肘を痛めてしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

ただ、この時に段差に続く路面が平坦で無い場合、(上りでも

下りでも緩い傾斜が あった場合)ハンドリムが空回りして

 

 

 

どんなに 力いっぱいハンドリムを回転させても段差を

越えられない事が あります。

 

 

 

 

そして、歩道の勾配の連続や、緩く長く続く坂道に

出くわしたら もう大変です。

 

 

 

 

無理して上ろうとしてしまったり、勾配が連続する

歩道を超えようとすると、

 

 

 

 

肩関節肘関節を痛めてしまうので、ちょっと

大変ですが、元来た道を 戻ったりして、

 

 

 

 

別のルートから目的地に行った方が身体の負担

少なく済むと思います。

 

 

 

緩い傾斜が かなり先まで続く道と言うのも たまに

あるのですが、(しかも、そこを通るしか無いパターン)

 

 

 

 

緩く長い傾斜を超えている間にも、微妙な路面の歪みが

あったりして、右か左の どちらかに負担が大きく掛かり、

 

 

 

その箇所を超えた後には、肘関節肩関節が毎回

大きく痛みます。

 

 

 

 

 

なので、もし別のルートが ある場合には、わざわざ痛みを

余分に抱える必要が無いので、そちらを選んだ方が

 

 

良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

に関しては、かなり気を付けて居ても自走式

車椅子に乗る以上は、どうしても負担

 

 

 

 

掛かってしまう部位なので、家に居る時など、軽く

ストレッチをして筋肉リラックスさせたり、

 

 

 

直接 皮膚に消炎剤などの塗り薬を塗って、少しでも

痛みを和らげたりするのが良いと思います。

 

 

 

消炎剤などの塗り薬は、薬局でも買えますし、ネット

通販でも何種類か売って居るので、探してみて下さいね。

 

スポーツ車椅子 軽量 折り畳み 自走式 介助ハンドル 転倒防止バー付 マリブナイン 24インチ A709 カドクラ

同じ姿勢を取り続けると悪化してしまう足腰の痛み

姿勢を自由に変えられるリクライニングソファーを活用する

目次


1. 暑い日々で通常以上に消耗して疲弊を感じる身体

目次 次の項目

 

 

暑い 日々が続くと、通常の気候の時 以上に体力の

消耗が著しくなり、身体全体や足腰

 

 

 

 

その疲れが現れてしまい、やがては痛くて関節

サポーター等の補助アイテムや、車椅子の助け無くしては

 

 

 

 

近所のスーパーへ向かう事も難しくなって しまいます。

 

 

 

 

足腰が悪くなる原因は 疲弊や筋肉の酷使以外にも、捻った

拍子に急激に痛みを感じたり、物を持ち上げようと

 

 

 

 

になった瞬間にギックリに なったり、あるいは

接触のあるスポーツで他者と ぶつかるなどの

 

 

 

 

外部的要因による痛みなど。

 

 

 

 

 

私の場合、の痛みから始まり、を庇う内に身体の重心

バランスが崩れ、いつの間にか激しい腰痛も加わる様になり、

 

 

 

 

と言う流れでした。

 

2. 足腰の痛みを感じたら速やかに対策をする

前の項目 目次 次の項目

 

 

これが反対でも、を痛めてを庇う内に

痛みが・・・・。と なって居たでしょうし、

 

 

 

いずれにしても、足腰の痛みを感じたら かなり

早い段階で対策を講じないと、

 

 

 

 

私の様に 痛む部位が広がってしまうと思います。

 

 

 

 

その足腰の痛み対策と言えば、先程も書いた様に

使うか、関節サポーターを装着するか、

 

 

 

あるいは それでも足腰が痛くて どうしようも無い、と

感じるならば車椅子日常生活の中に取り入れるか。

 

 

 

 

 

と言う選択肢に なるかと思いますが、今の時代はネット

通販で大抵の補助アイテムは見つかりますし、

 

 

 

 

自身の体格や皮膚に影響を及ぼさない物も探して行く内に

見つけられると思います。

 

 

 

 

それと並行して大切なのは、きちんと適切な治療を施して

くれる整形外科に行く事ですね。

 

 

 

 

 

とは言え、『良い病院』という物を探すのが最も難しい

事だと私は思います。

 

 

3. 適切な処置をしてくれる病院を探すのが一番難しい

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

口コミサイトの書き込みを信じて、足腰の痛みに耐えながら

ようやく辿り着いた整形外科

 

 

 

問診の時点で 碌に話しを聞く気の無い態度で接して来たり、

かと思えば、5分に満たない問診で

 

 

 

 

『大した事ない』と結論付けられて、適当に処方箋を出して

終わり、と言う所も多いですから、

 

 

 

本当に良い病院、良い医者に出会う。と言うのが一番

難しいのです。

 

 

 

 

 

とは言え、良い医者を探して居る内に、日々

足腰は傷んで行く訳ですから、

 

 

 

 

日常生活の中で痛みを出来るだけ小さく留める様に

対策を施さなければ なりません。

 

 

 

 

対策と言っても、脊柱管狭窄症間欠跛行椎間板ヘルニア

坐骨神経痛筋膜性腰痛など色々な腰の痛みが ある中で、

 

 

 

 

 

出来るだけ、腰の負担を減らしたいと思った時に

大事なのは、姿勢ですね。

 

 

 

 

 

出来るだけ負担を小さく留める為に、椅子に座り続けて

いても、あるいは体圧分散マットレスの上に寝続けて居ても

 

 

 

 

同じ姿勢で居続けると、同じ箇所一点に負担が集中し続けて

しまう訳ですから、同じ姿勢を取り続けるのは

 

 

 

悪化を招いてしまっても仕方ありません。

 

 

4. ネット通販でリクライニングソファーを探してみる

前の項目 目次 次の項目

 

 

そうした時に助かるのが、背もたれの角度や脚の角度を

自由に変える事が出来るリクライニングソファーです。

 

 

 

 

 

 

椅子に座って居ると、どうしてもは地面にベッタリと

触れたままの状態が続き、これが骨盤の角度を

 

 

 

固定する事に繋がってしまうので、同じ姿勢を長く保てば

保つ程に、負担ストレスを感じやすくなってしまいます。

 

 

 

 

自由に背もたれ角度とを伸ばしたり出来るリクライニング

ソファーを部屋に置いておくだけで その都度 快適な姿勢

 

 

 

 

選ぶ事が出来るので、ストレス負担を感じる頻度は

かなり少なくなると思います。

 

 

 

 

こうした日常を助けてくれるアイテムネット通販

探してみると、意外と簡単に日々の悩みを

 

 

 

解消できるかも知れません。

 

 

★ポイント最大16倍★【全国配送可】-電動立ち上がりリクライニングソファ ベーシックA / KRC-A62 グレー コイズミファニテック 1ケ JAN4905959472587 kt352404 取寄品(課税)-【介護福祉用具】

雨の日の車椅子/ネット通販グッズで大変な点を軽減する

通販グッズで雨の日の車椅子の大変な点を軽減する

目次


1. 猛暑・酷暑続きの日々の合間に降り出した雨

目次 次の項目

 

 

連日暑い 日々が続いたかと思えば、8月中旬に

差し掛かり、台風の影響で非常に強い大

 

 

 

 

降り出した事で 猛暑酷暑で重苦しく、暑さで

ボーッとしていた頭をリフレッシュする機会に

 

 

なるかも知れません。

 

 

 

 

異常な暑さが続く この時期は体調を保つのが

非常に難しいのですが、こうした時々の

 

 

 

心身を小休止させるのに 良い機会だと思います。

 

 

 

 

勿論、が降ると 只でさえ発汗量が多く、洗濯物が

増える この時期に外に干す事が出来無くなったり、

 

 

 

マイナスな点も幾つか ありますが、灼熱の夏場に降る

たまのは心身の為には良い面も あるかと思います。

 

 

 

 

 

しかしながら、車椅子ユーザーに とっては、前回も

書いた様に、中々 大変な面ばかり感じてしまう事が

 

 

 

多いと思います。

 

 

 

2. 雨で自走式車椅子のハンドリムが滑ってしまうのは危険

前の項目 目次 次の項目

 

 

自走式車椅子の場合にはハンドリムが滑ってしまい、

必然的に空回り してしまう訳です。

 

 

 

余程 前のめり姿勢で乗っていない限り、腕がツルッ、と

滑った位では身体全体のバランスを崩してしまう事は

 

 

 

無いですが、しかしながら、手が滑った位では危険は

無いのか?と言うと、状況次第では手の滑りは

 

 

 

十二分に危険な事態に発展する可能性を含みます。

 

 

 

 

前回も書いた様に、微妙に歪んだ路面や、小石が

散らばって居る状況下で踏んづけてしまい、

 

 

 

その瞬間に、慌ててズレた軌道を直そうとしても

ハンドリムが滑って空回りしてしまった時に、

 

 

 

車が横切るという事も ありますし、あるいは歩道の

勾配を乗り越えようとした時に、

 

 

 

 

ハンドリムが滑ってしまい、上りきる事が出来ずに

そのまま後ろ向きに下らざるを得なくなってしまう、

 

 

 

と言う事も ありますし、後ろ向きで下った先が

車道に面している場合には 車の通行とタイミングが

 

 

 

合ってしまう恐れも あります。

 

 

3. 勾配を上る時には思い切りが大事

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

勾配に上る時と言うのは、パッと見て傾斜角度が一番

浅そうなポイントを狙って、一気に漕いで上りきるしか無く、

 

 

 

 

この時と言うのは、勿論 平坦な道よりもハンドリム

重さが増し、肘関節肩関節に大きな負担が掛かるので、

 

 

 

 

 

上りきる事にのみ意識を集中しなければ ならないのですが、

そうした時に、一漕ぎ分でも手元が滑ったり、

 

 

 

 

傾斜角度を間違えて、片側のタイヤが空転してしまうと、

もう上り切れずに そのまま下らざるを得なくなり、

 

 

 

危険な事に なりかねないので、ハンドリムをガッチリと

捉え続ける為に、ゴム手袋は必需品だと思います。

 

 

 

4. 日常で使う消耗品は沢山予備を用意しておくと安心

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

作業着屋を始め、今時は100円ショップでも

ゴム手袋軍手)と言う物は売っていますが、

 

 

 

何しろ日常的に使う頻度の高い消耗品なので、どの

タイミングでハンドリムに触れる指先や手のひら部分が

 

 

 

 

破れてしまうか分かりませんので、そんな時に予備が

無いと非常に困ってしまうので、

 

 

 

ネット通販で大量に予備を用意しておいた方が

良いと私は思います。

 

【 送料無料 】【 100双 】 SC 物流用 ゴム 軍手 ( サイズ M ・ L ・ LL より選択 )[ 軍手 手袋 すべり止め 滑り止め 作業 現場 倉庫 ]

雨の日の車椅子/大変な点/ネット通販グッズで解決

ネット通販グッズで雨の日の車椅子の大変な点を解決

目次


1. 雨の日の車椅子で大変な点

目次 次の項目

 

 

連日猛暑・酷暑が続き、体力を奪われ グッタリ

していたところ、今日は久しぶりに雨降りの日に

 

 

なりました。

 

 

 

久しぶりの雨で雲に覆われ 太陽が隠れたので、

灼熱の日射しに さらされ続ける事は

 

 

無くなったのですが、

 

 

 

晴れの日の燦燦照り付ける太陽を防げたと思っても

今度は雨の日ならではの悩みが出て来てしまいます。

 

 

 

 

その内の一つが 車椅子コントロールする上で非常に

大切なハンドリムが空回ってしまう点ですね。

 

 

 

 

雨の日 当日、あるいは翌日の水溜まりが そこら中に

残っている場合には、車椅子の後輪は勿論、

 

 

 

 

後輪の すぐ横に位置しているハンドリムまで水滴が

付着してしまうので、指先や手のひらで『捉えた』と

 

 

 

 

思っても、ツルッ!と滑ってしまい、コントロール

空転すると、一瞬冷やッと してしまう事が あります。

 

 

2. 雨の日で滑ってしまうハンドリムを上手くコントロールするには

前の項目 目次 次の項目

 

 

それを防ぐには 雨の日当日、あるいは翌日位には

ゴム手袋の様に滑り止め加工が施されている手袋を

 

 

 

 

装着する事が有効です。

 

 

 

 

 

 

普段は、夏場で暑くて手袋は付けたくないですが、

雨の日ばかりは仕方ないですね。

 

 

 

そして、もう一つの点は車椅子用のレインコート

羽織って、全身を雨から守りましょう。

 

 

 

 

車椅子用のレインコートの場合、足先まで覆って

くれるので、移動中の水滴が はねて来たり、

 

 

 

 

泥が足元を汚してしまうのを防ぐことが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

ネット通販で探してみると何種類かの車椅子用の

レインコートが見つかるので、

 

 

 

自走式車椅子コントロールする上で 動作の妨げに

ならないタイプを選んでみましょう。

 

 

 

 

この2つの装備を しっかりと身に纏っていたとしても、

やはり、雨の日の移動は大変ですし、危険が伴います。

 

 

3. 装備をしっかりして居ても勾配や歪んだ路面は危険

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

先程書いた様に、ハンドリムが滑ってしてしまうのを

防止する為に ゴム手袋を装着して居ても

 

 

 

 

歩道の勾配や、歪んだ路面の場合は 思う様にコントロール

出来ずに、タイヤ自体が空転してしまう事が あります。

 

 

 

そうした時に、勾配を上り切れずに 後ろ向きに そのまま

下ってしまったり、あるいは、歪んだ路面

 

 

 

タイヤが空転した時に 車が横切ったりした時は、

冷やッとしてしまい、上手くコントロール出来ない時に

 

 

 

 

車椅子で移動するのは大変危険だな。と感じてしまう

瞬間は割りと頻繁に あります。

 

 

 

 

 

また、晴れや雨など天候は関係ない別の例に なりますが、

平坦な路面を移動している時に、小石を踏んづけてしまい、

 

 

 

 

ガツン!と衝撃を受けて車椅子の軌道がズレてしまい、

その横を車が通過する、と言う事も あるので、

 

 

 

 

車椅子の操作には非常に慎重さが必要不可欠ですね。

 

 

4. 夏場である以上、レインコート内で大量に発汗してしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

 

 

 

雨の日のレインコート、ゴム手袋は身を守る為に

必須の補助アイテムと なりますが、

 

 

 

 

自走式車椅子は普通の2足歩行の人よりも、移動速度が

何分の1とかなので、その分エネルギーの消耗が激しく、

 

 

 

レインコート内で大量に発汗するので、レインコートの

意味を成さない様に感じてしまいますが、

 

 

 

 

少なくともレインコートの防止部分で雨で視界を

遮られるのを防ぐ役目は果たせるので、

 

 

 

使ってみるのを お勧めします。

(まとめ)宇都宮製作 レインコート 車いす用レインコート使い切りタイプ S171-F【×10セット】_送料無料

車椅子に乗る時に困る3つの点/猛暑・酷暑編

車椅子に乗る時に困る3つの点/猛暑・酷暑編

目次


1. 連日の酷暑で著しく体力を消耗してしまう車椅子ユーザー

目次 次の項目

 

 

連日続く厳しい程の猛暑酷暑

 

 

太陽が燦燦と照り付ける その下を幾人もの歩行者に

追い抜かれ、ゆっくり ゆっくりと進んで行くのは

 

 

 

体力の著しい消耗を招き、ある程度 進んでは水分

補給をして、と言う事を繰り返さなければ、

 

 

 

 

車椅子に座りながらにして倒れてしまうのでは?、と

日々感じてしまう程の異常な暑さが続きます。

 

 

 

 

 

例年の感じから予想すると、暑さが ある程度

落ち着くのは9月中旬か、それ以降でしょうか?

 

 

 

 

兎も角、自走式車椅子ユーザーに とっては、普通に二足

歩行で歩ける人の何分の1以下の速度でしか進行出来ない為、

 

 

 

 

暑さにやられない様に対策を施す事が とても大事に なります。

 

 

 

 

 

 

夏場でツラい事は いくつか あるのですが、今回は猛暑の中を

移動する度に感じる点を3つに絞って書いて行きたいと思います。

 

 

 

 

1つは自走式車椅子は上半身のみ(肘関節)でコントロール

しますから、それ以外の部位は全く動かない訳です。

 

 

2. 下半身を動かす事が無い為、蚊に刺されてしまう

前の項目 目次 次の項目

 

 

動かないけれど、汗を多く掻くので 二酸化炭素に

引き寄せられた蚊が いつの間にか、

 

 

 

 

に何箇所か止まって居る事が あります。

 

 

 

勾配が続く歩道辺りを移動している時に 蚊に刺されても

急に車椅子のコントロールを止め、を掻く訳にも

 

 

 

 

行かないので、そういった時に便利なのは虫除けスプレーを

足元に振り掛けておく、と言う事前の対処ですね。

 

 

 

 

 

 

私は、車椅子に乗るまで虫除けスプレーを使用した事が

無かったのですが、実際に使ってみると

 

 

 

『確かに蚊に刺され無くなったな』と実感したので、

虫除けの効果は有効なのだと思います。

 

 

 

 

 

2つ目の点は、くて手袋を付け難いため、手の平を

擦り剝いてしまい易い点です。

 

 

3. 自走式である以上、手の平は擦り剥けやすい

前の項目 目次 次の項目

 

 

どうしても自走式である以上、手の平や指先は

摩擦で擦り剥けたり、マメ(水ぶくれ)が

 

 

しょっちゅう出来てしまいます。

 

 

 

 

あまりの暑さで手袋を装着したく無い場合には、この点は

仕方が無いので、受け入れるしか ありませんが、

 

 

 

 

手のひらや指先にマメが出来るのに慣れて居ても、潰し方を

失敗してしまうと、ジンジンと痛みを感じてしまうので、

 

 

 

マメ(水ぶくれ)が出来た時は、中の水分を抜く為に

針などでチョン、と穴を開けて水分を出したら

 

 

 

2日〜3日ほどでマメの中の皮膚が形成されていくので、

軽く触ってみて、後は完全に皮膚が再生されるのを

 

 

待ちましょう。

 

4. 酷暑で思っている以上に発汗量が多くなる

前の項目 目次 次の項目

 

 

3つ目の点は、そうして暑い中を移動する事で物凄い量の

を掻いているので、背もたれが その都度ビショビショに

 

 

なってしまう点ですね。

 

 

 

つまり、を掻く程に洗濯の頻度が増えてしまうので、

その都度 背もたれの取り外しや座面の取り外し、

 

 

 

 

そして、洗濯後は付け直すのが少し手間に感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

座面はネット通販などで入手した通気性良好な

クッションを敷いて置けば、

 

 

 

 

そんなにシート自体は濡れませんが、背もたれは毎回

自身でビックリする程、ビショビショに なってしまうので、

 

 

 

1日か2日おきに洗濯して清潔に保ちたいところですね。

 

 

 

 

夏場は、こうした3つの点が常に悩みとして付きまとうので、

上手く対処して行きたいですね。

 

【車いす用クッション】ピタ・シートクッション ブレス 通気カバータイプ(車いす用)/日本ジェル