身体の不調を改善する
身体の不調を改善する
アクセスカウンター
足腰関節の痛み・ダメージを小さく留める為に日常で大切な事 | 森林に射すこもれ陽の中を健やかな身体で歩む

足腰関節の痛み・ダメージを小さく留める為に日常で大切な事

足腰関節の痛みを抑える為に日常で出来る事

目次


1. 忙しい日々を繰り返していると足腰へ強い痛みが現れる

目次 次の項目

 

 

日々の忙しさから 足腰関節部に

疲労が溜まっていても、

 

 

 

 

ついつい後回しで ケアをする暇も無く、

仕事や 1日のやる事を終え、

 

 

一息ついて就寝して 翌朝早くに起きると

また忙しい1日を 繰り返す。

 

 

 

 

 

 

 

と、この様な サイクルで 繁忙期などの

忙しい毎日を過ごしていると、

 

 

身体や関節部位に疲労感と共に、関節への

ダメ―ジが  徐々に蓄積して行き、

 

 

 

 

 

 

それが積もり積もって やがて強い痛みへと転化する、

というのは 良くないパターンなので、

 

 

誰しもが 避けたい流れだと 思います。

 

 

 

 

 

 

日々関節部位への ケアをしっかり行い、

1日1日の 疲労を取り去る様な

 

 

 

マッサージや、ストレッチなどで

リラックスできる時間を作り、

 

 

 

 

 

そういった疲弊した身体を癒す  ひと工夫を施してから

就寝する事で、毎日 朝方に 目を覚ます度に、

 

 

 

身体から疲労感が抜けているのが

実感できるかと 思います。

 

 

 

 

2. 足腰に痛みを感じたら通院する事が大事

前の項目 目次 次の項目

 

 

しかし、日々の歩行などで 関節部位への

積もり積もった疲弊というのは、

 

 

 

完全に取り除ける訳では 無いので、

足腰に少しでも 痛みや違和感を 感じた時点で、

 

 

 

 

 

『この位なら 自然の治癒力で治るだろう・・』と

放置せずに、

 

 

 

 

 

 

 

速やかに 整形外科やペインクリニックを受診して

治療しつつ、自身の身体の 現在の状態を知る事が

 

 

 

 

それ以上の 悪化を防ぐのに 大事なので、

早めに 病院に行く事を おすすめします。

 

 

 

 

 

初めて行く病院の場合、問診票に記入した自身の

身体の状態を参考に 医師が問診をして行くのですが、

 

 

 

 

この時に、今 何処が どう痛むのか?という事を

しっかりと伝える事が大事です。

 

 

 

 

 

伝えた上で、あんまり話を聞く気が無さそうな医師の

場合は、直ぐに別の病院に変えるのも 一つの選択です。

 

 

3. 問診の時点で、今後も継続して通院を続けるか否か?を判断する

前の項目 目次 次の項目

 

 

私のこれまでの経験上、そういったところでは、

時間を無駄にしてしまう事が多かったので、

 

 

 

 

何処がどう痛むのか?と言う 話しを聞いてくれるか否か、が

今後も その病院に通院を続けるか?の指標になると思います。

 

 

 

 

レントゲンやMRI検査をする事も あるのですが、骨に異常が

無い場合は、基本的にブロック注射を打ったり、

 

 

 

 

リハビリしたり、と病院で過ごした後、保存療法で

次の通院日まで 自宅で安静に過ごす事が大事 なのですが、

 

 

 

 

日常生活の中で極力ダメージを抑えよう、と言う事を

考えた場合、関節サポーターを常時使用すると

 

 

 

 

良いのですが、身体を支える為に依存しすぎてしまうと、

筋肉の低下が著しくなってしまうので、

 

 

 

 

室内の短い距離ならば、頼るのはだけにするなど

した方が良いかも知れません。

 

 

 

 

4. 補助アイテムで足腰を支えるのは大事だけど、避けたい筋肉の衰え

前の項目 目次 次の項目

 

 

筋肉が衰えてしまうと、筋肉が支えていた体重の負荷を

受け止めきれず、

 

 

 

必然的に関節に掛かる 負担が増してしまいますし、

それだけで無く、筋肉が衰える事で 脂肪が蓄積しやすくなり、

 

 

 

 

脂肪が増えて肥満が進行すると、体重が増えて足腰関節

掛かる負担は 増加してしまいます。

 

 

 

 

 

つまり、日常生活に おいて、大切な意識は

関節サポーターで 基本的に身体を支えて、

 

 

 

しかし、依存し過ぎず、室内での移動はのみで

身体を支えて筋肉の著しい衰えを防ぐ事が

 

 

重要と言う事ですね。

 

 

 

 

 

通院と日常での そうした対策を施しつつ、痛みがマシに

なって来たら、ウォーキングジョギング

 

 

 

あるいは軽い重量でウエイトトレーニングをしたりして、

筋肉を少しづつ活性化させてダイエットをして行く事が

 

 

大事になります。

四点前後可動固定式 2Wayステッキ TW-0128【同梱・代引き不可】

スポンサーサイト

コメント